マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG コラム

WBCを見て

WBCを見て!



自分は自営業で店をやっております。

テレビがあり、テレビは見れるようになっております。

野球熱が冷めてうん十年経ちます。



自分は、小・中学生のときめちゃ野球が好きでした!

中日ドランズファンだったんですが♪中学のときはクラスの仲間で、毎日、野球の話をしていました

仲間にはすべてのファンが集まっていました。そんな思い出があります。



それから、高校へ進学し、高校では何故か野球部のクラスに3年間なりました。

高校時代は野球部に入らずテニス部でしたが。

部活を初めてから、野球観戦に全く興味がなくなりました・・

帰ってくるのも遅く、体が疲れててテレビを見ることなく3年間過ごしました。



その後も、野球への興味が全くなくなってしまいました。



シーズンを見ていても最初の頃は見るのですが、だんだん見なくなります。

オリンピックとかの野球も見なくなりました・・

3年前のWBCもあまり記憶がありません・・



そして、今年またWBCが始まりました!

たまに見ようと思い1回戦から見ていました。

短期決戦は力と力のぶつかりあいで面白かったです。



久々に野球のすばらしさを味わった気がします。



侍ジャパンの皆様、お疲れ様ですそして、感動ありがとうと言いたいです。

やはりメジャーで活躍している選手は凄いと思います

そういう凄い選手はみんなアメリカに渡ってしまうので、シーズンになると見なくなるんだよな・・

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

藤田騎手の騎乗停止について

藤田騎手が先日の騎乗停止の件でかなり怒っています
藤田騎手のブログに書いてありました


http://fujitashinji.cside.tv/
一部抜粋
力一杯右に斜行する馬を必死になだめるじゃなく、力ずくでも抑えないと!という状態だった為、馬乗りとしては考えられないほど左の手綱を-両手-で引いていた!!そうでもしなければ、内ラチまで一気に飛び込んで行く勢いだったのだ。パトロールビデオを観てもらえばわかるだろう。体を鍛えいくら人間としてパワーがあろうとも、さすが本気の一馬力には到底かなわない。結果、確かに進路妨害という形になってしまったが決して-故意-ではない。もちろん邪魔をしてしまった二頭には大変申し訳ない気持ちで一杯

レースになるとカァ~となって人間の言うことを聞かなく馬もいます。

JRAの進路妨害の基準がわからない

今年から制裁制度が変わったが、もともと騎乗経験が無い方々のジャッジをしています。

パトロールビデオを見て明らかにこれは進路妨害だと思うときもありますが、進路妨害にならないときもあります!!

ファンでもわかるような進路妨害の基準を発表してほしいですね~


スプリンターズSの思い出?

久々にコラムを書く!!
思い出があるスプリンターズSは
ニシノフラワーが勝ったときである
1992年だからもう16年の前の話!!
丁度20歳くらいにボウリング場でバイトしていたときだ!
当時はバイト仲間も馬好きが多く、俺の競馬に火がついてしまった時期!!
ニシノフラワー好きだったな~
牝馬なのに男馬相手にここまでやるとはな~と思いながら見ていた!

もう1個忘れられないスプリンターズS
1998年12月20日
初めて徹夜したスプリンターズS
タイキシャトルが負けたスプリンターズS

もう10年くらい前の話である。
冬の中山は寒かったな~
凍死しそうな勢いだった~

当時は競馬人気もかなりあったので、スプリンターズSでも混んでいた!!

特にタイキシャトルはこのレース引退レースだっただけに~
しかし3着に負けてしまった~
勝った馬はマインルラブまさかの結末!!

この馬は相当強かったな~
負けたのはたった2回
菩提樹SとこのスプリンターズSだけだ!!
菩提樹Sはハナ差の2着勝った馬テンザンストームという馬だったな~

2008年第42回スプリンターズSも枠が確定した!

スリープレスナイトがかなり強そうだが~果たして?今年はどんな競馬になるのか!~楽しみだ

スプリンターズS歴代勝ち馬
第1回 1967. 7. 9 中山 オンワードヒル 1.12.1 牡4 59 5人 牧野三雄 中村広
第2回 1968. 5. 3 中山 スズハヤテ 1.11.3 牡4 51 5人 増田久 佐藤正二
第3回 1969. 9.28 中山 タケシバオー 1.10.4 牡4 62 1人 吉永正人 三井末太郎
第4回 1970.10.11 中山 タマミ 1.10.8 牝3 53 3人 中島啓之 坂本栄三郎
第5回 1971. 9.26 中山 ケンサチオー 1.11.5 牡5 54 4人 藤本勝彦 藤本冨良
第6回 1972.10. 8 中山ノボルトウコウ 1.09.8 牡3 53 9人 森安重勝 加藤朝治郎
第7回 1973. 9.30 中山 キョウエイグリーン 1.09.6 牝4 53 1人 東信二 境勝太郎
第8回 1974.10. 6 中山 サクライワイ 1.08.4 牝3 52 3人 小島太 高木良三
第9回 1975. 9.27 中山 サクライワイ 1.09.0 牝4 55 1人 小島太 高木良三
第10回 1976.10.10 中山ジャンボキング 1.10.5 牡3 54 9人 的場均 久保田金造
第11回 1977.10. 9 中山 メイワキミコ 1.09.8 牝3 52 1人 増沢末夫 鈴木勝太郎
第12回 1978.10. 8 中山 メイワキミコ 1.09.0 牝4 54 1人 増沢末夫 鈴木勝太郎
第13回 1979.10. 7 中山 サニーフラワー 1.12.8 牝4 54 2人 岡部幸雄 伊藤雄二
第14回 1980. 9.27 中山 サクラゴッド 1.11.8 牝5 54 4人 小島太 久保田彦之
第15回 1981. 2.22 中山 サクラシンゲキ 1.09.5 牡4 56 1人 東信二 境勝太郎
第16回 1982. 2.28 中山 ブロケード 1.09.0 牝4 56 2人 柴田政人 高松邦男
第17回 1983. 2.27 中山 シンウルフ 1.09.5 牡4 54 3人 飯田明弘 松元省一
第18回 1984. 3.18 中山 ハッピープログレス 1.10.3 牡6 57 1人 飯田明弘 山本正司
第19回 1985. 3.17 中山 マルタカストーム 1.11.1 牡4 54 4人 菅原泰夫 本郷一彦
第20回 1986. 3.16 中山 ドウカンテスコ 1.10.2 牡4 54 6人 田村正光 田中朋次郎
第21回 1987. 3.22 中山 キングフローリック 1.09.5 牡4 56 2人 田村正光 久保田敏夫
第22回 1988. 3.20 東京 ダイナアクトレス 1.21.5 牝5 56 1人 的場均 矢野進
第23回 1989. 3.19 中山 ウィニングスマイル 1.09.3 牡6 57 2人 田村正光 矢野照正
第24回 1990.12.16 中山バンブーメモリー 1.07.8 牡5 57 1人 武豊 武邦彦
第25回 1991.12.15 中山 ダイイチルビー 1.07.6 牝4 55 2人 河内洋 伊藤雄二
第26回 1992.12.20 中山 ニシノフラワー 1.07.7 牝3 53 2人 河内洋 松田正弘
第27回 1993.12.19 中山 サクラバクシンオー 1.07.9 牡4 57 2人 小島太 境勝太郎
第28回 1994.12.18 中山 サクラバクシンオー 1.07.1 牡5 57 1人 小島太 境勝太郎
第29回 1995.12.17 中山 ヒシアケボノ 1.08.1 牡3 55 1人 角田晃一 佐山優
第30回 1996.12.15 中山 フラワーパーク 1.08.8 牝4 55 1人 田原成貴 松元省一
第31回 1997.12.14 中山 タイキシャトル 1.07.8 牡3 55 1人 岡部幸雄 藤沢和雄
第32回 1998.12.20 中山 マイネルラヴ 1.08.6 牡3 55 7人 吉田豊 稲葉隆一
第33回 1999.12.19 中山 ブラックホーク 1.08.2 牡5 57 2人 横山典弘 国枝栄
第34回 2000.10. 1 中山 ダイタクヤマト 1.08.6 牡6 57 16人 江田照男 石坂正
第35回 2001. 9.30 中山 トロットスター 1.07.0 牡5 57 4人 蛯名正義 中野栄治
第36回 2002. 9.29 新潟 ビリーヴ 1.07.7 牝4 55 1人 武豊 松元茂樹
第37回 2003.10. 5 中山 デュランダル 1.08.0 牡4 57 5人 池添謙一 坂口正大
第38回 2004.10. 3 中山 カルストンライトオ 1.09.9 牡6 57 5人 大西直宏 大根田裕之
第39回 2005.10. 2 中山サイレントウィットネス 1.07.3 セン6 57 1人 F.コーツィー A.クルーズ
第40回 2006.10. 1 中山 テイクオーバーターゲット 1.08.1 セン7 57 1人 J.フォード J.ジャニアック
第41回 2007. 9.30 中山 アストンマーチャン 1.09.4 牝3 53 3人 中舘英二 石坂正

競馬コラムNO4

安田記念といえば、やはり1992第42回、1993年第43回のヤマニンゼファーの連覇が心に残っている。

当時は学生でボーリング場でバイトをしていた。そのとき、バイト仲間に競馬好きがいた。

当時の悪友というのはバイト仲間だ!安田記念は何故か毎年のように行っていた。

写真は撮っていないが、良い席を取るため開門ダッシュしていた!

このレースは連覇するのが非常に難しいレースだ!

ヤマニンゼファーの前に第2回、3回でスウヰイスーという馬が連覇したくらいである。

ヤマニンゼファーが連覇した後も連覇している馬はいない。

1993年から国際競走になった!

外国馬はいまだに3頭しか優勝していない!
1995年ハートレイク
2000年フェアリーキングプローン
2006年ブリッシュラック

外国馬は調整が難しいのか、なかなか勝てない!

そんななか今年はブリッシュラックが3回目の来日

外国馬で3回目は初である。

勝ったときは2006年だったがかなり強かった。

ブリッシュラックがもし勝ったら、外国馬として初の2勝になる。注目だ!

このレースは結構いい馬が出ている。

安田記念馬で1番好きだったのがノースフライトだ。牡馬をけちらし優勝したのを鮮明に覚えている。

その他にもt沢山いい馬が出ているが、またの機会に。

産駒としてはミスキャストしかまだ活躍馬は出ていないが・・

今年の2歳ハウオリが非常に楽しみだ。

今年はウオッカがノースフライトみたいな名牝になれるか注目である。



外国馬出走履歴

1993年
5着 ロータスプール B. ケシンガーJr. (USA)
6着 キットウッド A. ファーブル (FR)

1994年
3着 ドルフィンストリート J. ハモンド (FR)
5着 *スキーパラダイス A. ファーブル (FR)
7着 サイエダティ C. ブリテン (GB)
12着 ザイーテン H. イブラヒム (UAE)
14着 ウィニングパートナーズ N. ベッグ (HK)

1995年
1着 *ハートレイク S. ビン・スルール (UAE/GB)
7着 エンペラージョーンズ S. ビン・スルール (UAE/GB)
9着 *エリンバード P. チャプルハイアム (GB)
14着 ドゥマーニ K. マクローリン (USA)

1996年
12着 *ハートレイク S. ビン・スルール (UAE/GB)
15着 *シャンクシー E. ルルーシュ (FR)
1997年
4着 *アマジックマン R. マッカナリー (USA)

1998年
2着 オリエンタルエクスプレス I. アラン (HK)
5着 アライドフォーシズ S. ビン・スルール (UAE/GB)

1999年
5着 ムータティール S. ビン・スルール (UAE/GB)
12着 オリエンタルエクスプレス I. アラン (HK)
14着 ホーリーグレイル I. アラン (HK)

2000年
1着 フェアリーキングプローン I. アラン (HK)
2着 ディクタット S. ビン・スルール (UAE/GB

2001年
9着 フェアリーキングプローン I. アラン (HK)
16着 テスタロッサ D. ローソン(AUS)

2002年
10着 ジューンキングプローン I. アラン (HK)
12着 レッドペッパー B. カン (HK)

2004年
10着 セルフフリット I. アラン (HK)
16着 アイランドファッション M. ポランコ (USA)

2005年
3着 サイレントウィットネス A. クルーズ (HK)
4着 ブリッシュラック A. クルーズ (HK)
13着 ボウマンズクロッシング D. オートン (HK)

2006年
1着 ブリッシュラック A. クルーズ (HK)
3着 ジョイフルウィナー J. ムーア (HK)
15着 ザデューク C. ファウンズ (HK)

2007年
7着 グッドババ A. シュッツ (HK)
9着 ジョイフルウィナー J. ムーア (HK)
12着 エイブルワン J. ムーア (HK)
15着 ザデューク C. ファウンズ (HK)





東京ダービー

明日は、地方ダービーWEEKの真ん中!大井で東京ダービーが行われる!!

東京ダービーといえば的場文男騎手がまだ制覇していないこのレース

大井の1冠目の羽田盃で的場文男騎手がニックバニヤンで制した!!

今年は十分チャンスはありそうだが、ディラクエの巻き返しもありそうだ!
ディラクエは羽田盃圧倒的1番人気で2着になってしまったが、やはり強い馬である!
今年が面白いのは、JRAの武豊騎手と内田博幸騎手が参戦することである!
こんなことはめったに無い!JRAの騎手が参戦する東京ダービー

やはりディラクエが1番強いのか~・

的場さんに頑張ってほしいが~♪

競馬コラム(その2)

ダービーといえば、自分が始めて行ったダービーはナリタブライアンのダービーだったな~
それまで、ダービーは混んでいるので行かないと思っていた!
初ダービーは人の多さにかなり困惑してしまった~
当時ナリタブライアンは非常に注目されていてた馬なので当たり前といえば当たり前だけど!
ゴール間なんていけず、4コーナーで観戦してたことを覚えている

府中の4コーナーは上から見下ろす感じになっているがかなり遠いな~
このとき初めて、写るんですでこの馬の写真を撮った。
焼いてもらったがピンも合っていなくて、しかも、馬が小さいので全然わからない写真になってしまった~この写真は今どこかにあるのかな~?

そのあとしばらくダービーだけは生で見ていない!



競馬コラム{馬に魅せられて)

いよいよ、競馬の祭典日本ダービーの週がやってきました。
競馬界で一番盛り上がるこのレース。

自分が始めて競馬をWINSで見たレース!それがアイネスフウジンのダービーである。
もう18年前の話

当時の悪友にWINS新宿へ連れて行かれた。まず驚いたことは、この狭い空間に何故こんなに沢山人がいるのかな~と思った。
当時、競馬には全然興味が無く、モニターで
平地のレースを見ていもイマイチだった!
馬券も買わなかった!
モニターでダービーのパドックが始まるがパドックを見ても全然わからないので、レースまで待つことに!
レースが始まりアイネスフウジンが逃げ切ったがまったく興味を持たなかった。

それから1年後、別の悪友にWINSに連れて行かれた。
あいかわらず人が多いな~と思い。
ダービーまで待つ
そうだ!見ているだけだからつまらないのかな~と思い
初めて馬券を購入した!
ダービーのパドックが始まり、見ていてもやっぱりわからない。
とりあえず1番人気だから強いんじゃないかな~くらいの気持ちで、トウカイテイオーの単勝を1000円買ってみた。

日本ダービーの発走時刻が迫るに連れて、周りの人たちのテンションが上がる!
何故テンションがあがっているのかもわからずに、ファンファーレが鳴り、一気に騒ぎ出した!
ゲート入りが始まり、スタート。当時は20頭立てとかなりの馬が出走可能だった。
4コーナーを曲がり最後の直線ではお客様の騒ぎ声が一気に高まり、ゴール100mくらいでテイオーが先頭に立ちそのままゴール~この瞬間、何故か鳥肌が立った。これが競馬なんだ~と思い
そこから自分の競馬人生が始まる。当時はWINSだけしか行ったことがなかった!

1年後の皐月賞!初めて中山競馬場へ行った。
そう競馬場デビューは遠い中山競馬場だった。
府中の方が近いんだけど府中は行ったことがなかった。

当時はものすごい雨が降っていた。
競馬場に入った瞬間、広い馬場にいろいろな毛色の馬達が緑色の芝を走っている。震えたな~初めて馬が走っている姿を見たからだ!

WINS新宿は当時1000円単位だったが競馬場で買うと100円単位で買えるのも驚いた!
皐月賞のパドックが始まりパドックへ行くが馬を見てもいいのか悪いのかなんて全然わからないけど、1頭、自分の目に飛び込んできた馬がいた!それがミホノブルボンだった。この馬を見た瞬間綺麗な馬だな~と思い一目ぼれした。強いかどうかなんてどうでも良かった。ただ綺麗な馬それだけで馬券を購入した記憶がある。本馬場入場、返し馬を見てこの馬だけ何故か光り輝いていた!!
これがブルボンとの初めての出会いである。

1年前のWINSで見た光景がやっとわかった気がする。スタートが近づくに連れて、テンションは上がり、鼓動がドキドキしてきた。ファンファーレがなりゲート入りスタート!ブルボンが逃げた!
向こう上面でもずっと先頭、4コーナー回っても先頭、そのままゴール~逃げ切った。
最後の直線ではしらないうちに、そのままそのままと叫んでいた。

自分が一目ぼれした馬が目に前で逃げ切りで勝った。鼓動が止まらない!凄いと思った瞬間である。
そこからミホノブルボンと逃げ馬が好きになった。

ブルボンはダービーでも逃げ切って勝ってくれた。
2冠達成をテレビの前で見ていた。

3冠目の菊花賞ではライスシャワーに差されて、3冠達成なれず・・
そのまま故障をしてしまい・・彼の短い競走生活が終わりを告げた・・

いい思い出である。
今はこんなドキドキ感は無くなってしまった・・
それ以来好きな馬は出てこない・・
当時は競馬新聞を見るのも新鮮だったが、今では当たり前に・・

またこのドキドキ感を味わいたい!
今年のダービーでも、そうドキドキすることもないんだろうな~

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-