マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG 2008年07月

ナサニエル

 31日、旭川競馬場で行われた4R・フレッシュチャレンジ2歳(ダート1500m)に出走し
直線では持ったままの手応えで後続を突き放し、2着馬2.4秒の大差をつけてデビュー戦を快勝した。勝ちタイムは1分40秒9(良)。

この馬はトールポピーの弟!!

何故、道営で走っているのかわからない・・

アルーリングボイスが繁殖入り

JRAは31日、05年ファンタジーS(GIII)など重賞2勝のhorse=2003102704:アルーリングボイス}(牝5、栗東・野村彰彦厩舎)が、8月1日付でJRAの競走馬登録を抹消すると発表した。今後は北海道登別市のユートピア牧場にて繁殖馬となる予定。


結局見る機会がないかったこの馬・・・
非常に残念である・・・




ブラックタイド登録抹消

6月1日付で競走馬登録を抹消
同馬は今後、日高町ブリーダーズスタリオンステーションにて繁殖馬となる予定です。

種牡馬になれてよかったね~♪

父サンデーサイレンス
母ウインドインハーヘア

ブラックタイド

※写真は08年中山金杯時

キャロット愛馬近況

キャロ

エスクリム

08/7/29
NF空港
舎飼休養と曳き運動。「抜糸を行ってから一定期間が経ったことを受け、馬房の外での軽めの運動を開始しました。今後は様子を見つつマシンの開始時期を図っていきたいと思います」(空港担当者)




マルティンスターク

08/7/30
鶴留厩舎
「久々で骨折明けとしては、よく頑張ったと思う。レース後も問題なく、馬も元気です。本当なら滞在させた方がいいのかもしれないけれど、脚元のこともあるし、坂路がない小倉で調整するのは不安。中2週の競馬になるけれど、今のところ次開催の1週目を目標にしていきます」(鶴留師)8月17日の小倉競馬(鹿屋特別・芝1700m)を目標にしていく。



シトリーン

08/7/30
中尾秀厩舎
30日は栗東CWコースで15-15程度。「半マイルを15-15程度です。ここまでは、心配していたスクミや硬さも想定の範囲内で、特に問題もなく進められています。来週から時計を出していって、3回小倉競馬でデビューさせたいと思っています」(中尾秀師)




マルティンスタークもシトリーンも3回小倉かあ~ちょっと楽しみである!!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ポエットロリエット

08/7/31
NF空港
馬体重:410kg
坂路入り後は順調に進み、屋内坂路でハロン17秒まで進めていました。しかし、幾らかトモ脚に調教疲れが感じられるようになったため大事を取って坂路入りを中断し、周回ダートコースでダク800m、ハロン25秒程度のキャンター2500mを行っていました。その後、右前脚に擦り傷程度の軽い外傷を負ったため、現在は傷の回復を待つ意味でウォーキングマシンのみの調整を行っています。ペースダウンの要因となった疲れは調教を進めていく上においてどの馬にも見られるものですが、本馬の場合、馬体の幼さが残ることからここまでも一歩一歩進めてきた経緯があるので無理をせず、完全に疲れを取り除いてから坂路調教を再開する手段を取ることにしました。スローキャンターでも十分に背中のよさを感じ取れたので、まずは馬体に一本芯を通すことを第一に今後も接していきたいと思います。外傷はとても軽いものなのでそう遠く乗り運動の再開につなげられるでしょう。



ルーシエン

08/7/31
NF空港
馬体重:440kg
体調も安定しており、春先に見られた左前のソエも気にならなくなりました。この中間も徐々に負荷を高め、現在は屋外直線坂路でハロン16~17秒のキャンター2本を基調に、週2日は屋内坂路でハロン14~15秒のキャンター2本を行っています。しっかりと乗り込むことでここ最近は胸前から肩にかけて厚みが出てきており、調教に乗っていても動きがかなり力強くなってきているなと感じることができます。ただし、後躯の発達を待っていることに変わりはなく、前躯の発達と比較して後躯の発達が遅れ気味である点は否めません。今後も2種類の坂路で交互に乗り込むことでトモ脚のパワーアップを図っていきます。

シチー2歳愛馬近況

レイアシチー

7月30日 平成20年冬競馬以降
千葉の出羽牧場でWマシンとダク3200mで調整されています。場長は「右前脚の繋靭帯も良くなり、これから様子をみながら徐々にペースを上げていく予定です。ノドの状態も現在はあまり心配無いようです。」と話しています。


サイキックシチー

7月30日 10月4回京都競馬以降。

エクセルマネージメントでキャンター3000mを乗り込んでいます。場長は「だいぶ体力が付いてきましたが、まだむらな面があるのでじっくりと進めています。ソエについては完全に固まったようです」と話しています。

シチー勝負複

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

アドマイヤジュピタ 右前ザ石で凱旋門賞ピンチ

凱旋門賞・仏G1(10月5日・ロンシャン)を目指し、北海道安平町のノーザンファームで放牧中のアドマイヤジュピタ(牡5歳、栗東・友道)が、28日の調教後に右前肢にザ石を発症していたことが分かった。

 「坂路をきれいに上がり切ったんですが、直後の歩様検査で軽い乱れがありまして…。調教を休み、2、3日様子を見ることになりました」と同ファームの中尾義信さん。当初は前哨戦のフォワ賞・仏G2(9月14日・ロンシャン)に合わせて、8月13日に千葉県白井の競馬学校へ。5日間の出国検疫を受け、20日前後に日本を出発する予定だった。「すべてが予定通り、うまくいった場合を想定しての“本番”挑戦でしたから。白井では強い調教はできないので、こちらで乗り込む予定でしたからね。前哨戦を使うことが厳しくなったことは間違いありません」と肩を落とす。本番直行や国内のレースを使うなどの選択肢もあるだけに、今後の動向が注目される。

馬は生き物だから何が起こるかわからないな~

こればっかりは仕方がないな~万全な状態じゃなければ行かない方がいいかも!!
http://www.daily.co.jp/horse/2008/07/30/0001281508.shtml

アドマイヤジュピター

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-