マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG キャロット愛馬近況

キャロット愛馬近況

プリュム

6/18 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「今朝は坂路でハロン17秒から終い15秒ぐらいまで脚を伸ばしています。動き自体は悪くありませんが、まだ良化の余地はありそうですし、このぐらいのペースをコンスタントに乗りながらこの馬本来の活気が出るようにしていきたいですね」(NFしがらき担当者)



マジッククレスト

6/18 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週に引き続き、トレッドミルからフラットワークでじっくりと体を動かしています。あまり追いつめていいタイプではありませんし、いい汗をかきながらいいフォームで走れるように心がけていきます。体調は問題ありませんし、落ち着きがあっていい状態です」(NFしがらき担当者)



ミラクルルージュ

6/19 NF天栄
19日にNF天栄へ放牧に出ました。「先週は本当にうまく行きましたね。ありがとうございました。線が細めで非力な面があるルージュなので渋った馬場はどうなのかなという心配をしていましたが良かった。また後ろから行って終いを活かす競馬というのが前回から定着していたので今回も同様の形をお願いしたのですが、想像以上に道中のペースが緩んだので心配もしました。上がり勝負になると後ろからでは厳しくなってしまいますからね。途中ハミをかんでいるところもありましたが、結果的にあそこで我慢してくれた分溜まりに溜まって最後の爆発力につながってくれたのでしょう。まずは勝たないことには話にならなかったので本当に良かったです。脚元等は問題なさそうでしたが、ここまで頑張ってくれましたのでご褒美の意味も込めていったん放牧に出させていただきました。今後についてはあくまでも馬の回復具合次第になるでしょう。コース的には新潟も考えたいという思いもありますが、天栄での馬の様子を見つつ相談していければと思っています」(上原師)



カーヴィシャス

6/18 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに移動後、軽く動かしながら馬体のチェックを行っています。今のところは大きなダメージはなさそうですし、レースの疲れは見られませんから、順調に乗り出すことができそうです」(NFしがらき担当者)



ゴーストペッパー

6/19 杉浦厩舎
19日は美浦南芝コースで追い切りました(69秒2-54秒0-40秒2-14秒8)。「先週ゲートをクリアしてくれましたし、その後も体力的な不安が出て来ることはなかったのでちょっとやってみて進められそうならばそのままデビューを目指していければと考えていました。先週いっぱいはケアの期間にあてるようにしてじっくり動かすだけにしていましたが、今朝は少し時計を出してみることにしたんです。当初はウッドチップコースへ入る予定だったのですが、少しだけハローが長引いたため、雨によりクッションが利いて悪くない馬場と思えた本場馬に入れてみることにしたんです。3頭で入って動かしたのですが、右に行ったり左に行ったりと大きくヨレながら走っていました。物見がキツイところは入厩当初から見受けられていたので今日の今日で始まったことではないにしても、ちょっと若すぎて今の精神状態では競馬に耐えうることは難しいような気がしました。血統的にもメンタル面を大事にしてあげたいと思えるだけに、ここは無理をして押していく時ではないと思うんです。仕上がり早かなと考えていたため福島でのデビューをもくろんでいたのですが、ここは将来を見越して切り替えさせてください。週末あたりにいったん放牧に出して、体力と精神の成長を促してもらえればと思っています」(杉浦師)



ローザフィナーレ

6/19 大和田厩舎
19日は美浦坂路で14-14を行いました(57秒0-41秒8-27秒7-13秒9)。「先週の金曜日に試験を無事クリアしてくれましたので、様子を見ながら少し動かしてみることにしています。ただ、以前から気を付けなければいけない血統ということはよく聞いていたのですが、そういった面が少しずつ垣間見られるようになっています。カンパニー産駒の牧場での評価自体はそこまで悪くなく、この馬もバネがあるんです。ただ、そのバネと気持ちの面でコントロールが難しくなりそうな部分が少しずつ感じられるようになっているのでより慎重にやっています。今朝は最初の時計ということで一気に速いところではなく大体14-14くらいで平均的に動かしました。前の馬たちを見ながら進むような格好でしたが終始リズムは悪くなかったですし、変な動きも見せていませんでしたね。まず最初はクリアということでしょうが、また週末なり来週あたりに同じくらいか少し強いくらいの調教をやってみようと思います。その時やその後の変化を再度見ていって、このまま押していけるか引くべきか判断してきます」(大和田師)



アイリッシュハープ

6/18 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、周回コースと坂路での乗り込みを続けています。体調面に不安なく、精神面も落ち着いていて特に気になるところはありません。馬体もふっくらした状態をキープしていますので、このまま入厩に向けてしっかりと乗り込んでいきます」(NFしがらき担当者)

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-