マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG キャロット愛馬近況

キャロット愛馬近況

プリュム

7/25  羽月厩舎
28日の小倉競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に藤岡康騎手で出走いたします。

7/24  羽月厩舎
24日は栗東Pコースで追い切りました。「先週の1400m戦に入れば理想的ではあったのですが、調教本数としては今週の方がいいなと思っていましたし、状態は上向きだと思います。本質的に距離が延びていって歓迎というタイプではありませんが、1700m戦は一度勝っている条件ですし、ましてや同じ500万下クラスですからね。距離を考えて少し迷ったところもあるのですが、前回はブリンカーを着けなかったことが裏目に出てさっぱりでしたし、やはりこの馬らしい走りをさせるためにも着用してレースに臨みます。レース当日までしっかりと体調管理を行って、いい状態で出走できるようにして結果に結びつけたいですね」(羽月師)28日の小倉競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に藤岡康騎手で出走を予定しています。



マジッククレスト

7/25  藤岡健厩舎
28日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に藤岡康騎手で出走いたします。

7/24  藤岡健厩舎
24日は栗東坂路で追い切りました(54秒3-39秒4-25秒3-12秒3)。「先週の中京は除外対象でしたが、正直左回りが理想でしたから頭が痛い状況ではあります。今週から始まる新潟開催は関東の主場扱いでブロック制によりまず出られないでしょうからね。この先の左回りは第3場開催扱いになる秋の新潟(10月)になってしまいます。状態が問題なければさすがにそこまで馬を寝かせて置くわけにはいきませんし、最近は以前と比べればコントロールが利いているところもあるので右回りの小倉に挑戦することにしました。もちろん過去の走りから右回りに不安がないわけではないのですが、クラスを考えても可能な限り数を使ってあげたいですし、少しでもきっかけを掴めれば今後の視野がかなり広がりますからね。ここ最近とは違う右回りの競馬になるのですが、調教で下手にそれを意識しすぎてコースなどに入れると逆に不安が露呈する可能性もなくはありませんし、先週までで馬体は仕上がっているので、坂路で無理をしないようにと指示しました。前半はすごい手応えを引っ張り切りで、追ってからは迫力十分。終いまでしっかりと脚を使ってくれました。手応えの違いはあるもののうちのオープン馬を上回る時計でしたから上々でしょう。小倉の場合は1000mか1700mと極端になってしまうのも悩ましいのですが、それならばまだ1000m戦の方で流れに乗れればチャンスはありそうです。あとは間隔的に出られるか。想定上では除外の可能性があるようですし、その場合は翌週以降にスライドすることになりそうです」(藤岡健師)今のところ28日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に藤岡康騎手で出走を予定しています。



ミラクルルージュ

7/23  NF天栄
トレッドミル調整か坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を行い、日によっては15-15も取り入れています。「体の状態が悪くないことから調整を進めていますが、今週の感じも悪くありませんね。このまま順調ならば新潟を目指していこうという話になりましたので、引き続き15-15も交えながら乗り進めていますよ。あとは体がどれだけ保てるかでしょうし、状況を見つつ調整して、厩舎に引き継げるようにできればいいですね」(天栄担当者)



カーヴィシャス

7/23  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、15-15に近いところをコンスタントに乗っていますが、大きな問題はなくだいぶしっかり動けるようになってきた印象です。集中力が途切れないよう、調教も工夫してこなしていますが、今のところは精神面も安定していますね。厩舎サイドとも移動時期の相談をしながら進めていきます」(NFしがらき担当者)



ゴーストペッパー

7/23  山元TC
周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でのハロン15秒のキャンター調整も織り交ぜています。「調教は基本的に周回コースを乗り、日によっては坂路で15-15前後のところも混ぜるメニューにしているのですが、動きを見るとまだかなと感じる部分はあります。動きがモタモタしていて余しているような感じと言いますか、トモがまだパンとしきれていない感じの走りですね。ただし、スローながらもいい方には変えることができているように感じますし、肉体的な面をよりいいものにしてあげられればまた違ってくるところもあるでしょうから、焦らずに接していければと思っています」(山元担当者)



ローザフィナーレ

7/23  NF天栄
軽めの調整を行っています。「ソエの症状と相談しながらの調整ですが、一番最初の頃よりいくらか痛みも緩和されているように感じたためこの中間から乗り出しました。そうは言ってもまだ乗り出して間もないタイミングですし、負担をかけるのも良くないので角馬場でゆったりと動かす程度ですよ。今朝大和田調教師が見ていかれましたが、しばらくは馬にあわせて少しずつ動かしていければと考えています」(天栄担当者)



アイリッシュハープ

7/24  須貝厩舎
24日はゲート練習中心のメニューを行いました。「坂路を中心にした乗り運動とゲート練習を織り混ぜながら進めています。ゲートは音ありのもので普通に入り、駐立、出と一連の流れの中で確認していますが、特に目立った癖を見せることなく対応してくれています。脚元は少し疲れやすいところがあって運動後のケアは念入りに行っていますが、入厩してから悪くなっていることはないですよ。暑い日が続いていますから体調をしっかりと見ながらにはなりますが、最近のゲートの様子からはそう遠くないタイミングで試験に向かえるかなと考えています」(橋本助手)

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-