マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG キャロット愛馬近況

キャロット愛馬近況

プリュム

7/31  小倉競馬場
31日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は残念な結果になってしまって申し訳ありません。順調に調教を積むことができましたし、追い切りの内容も良かっただけに、精神的なものが敗因のひとつになっているように思います。そういう意味では一度使って前向きさが出てくれば変わってくるでしょうし、ある程度間隔を詰めて使いたいという気持ちで、レース後はそのまま小倉競馬場に滞在させてもらっています。もしも出走が叶うようなら中1週での競馬を考えています」(羽月師)8月11日の小倉競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)への出走も視野に入れています。

7/28  小倉競馬場
28日の小倉競馬では五分のスタートからすんなりと好位につけて、折り合って追走。4コーナーでやや前と離されてしまうと、直線はまったく伸びず11着。「おそらく行きたがると思うと聞いていましたし、これまでのレースを見ても結構行きっぷりのいいタイプだというイメージだったのですが、今日は跨がった時からとてもおとなしくて、レースでもハミを噛む場面はありませんでした。ピッタリ折り合って、手応えもあっただけに、最後はなぜこんなに止まってしまったのか…。距離はいくらか長いのでしょうけれど、それよりもおとなしすぎたことの方が気になりましたから、気持ちが切れてしまったように思います。以前との比較はできませんが、本来ならこのような走りをする馬ではないはず。力を引き出せず申し訳ありませんでした」(藤岡康騎手)「ジョッキーには、おそらく行きたがるだろうけれど、控えすぎて馬群で揉まれると嫌気をさしてしまうので、スムーズに出たなりで進めて欲しいと伝えていました。ただ、今日はパドックからおとなしすぎるぐらいの感じだったのが気になっていて、結果的には前向きさに欠けていたということなのかもしれません。使って気合いが乗ってくればまた良くなると思います」(羽月師)やや距離が長いとはいえ、最後はこの馬らしいしぶとさがまったく見られませんでした。調教師、騎手ともにおとなしすぎたことを心配していましたが、結果を見ると懸念どおり前向きさが欠けていたように思われます。一度使ったことで本来の活気が戻ればこのようなことはないはずです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。



マジッククレスト

8/1  NFしがらき
1日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週はありがとうございました。本当にいい状態だったので期待はしていましたが、久々の右回りということが気になっていたので、そこを克服しての勝利は我々としても格別です。レース後は大きなダメージはありませんが、除外で追い切り本数も多くなってストレスも溜まっているでしょうし、一度放牧に出してリフレッシュさせることにします」(奥村助手)

7/28  藤岡健厩舎
28日の小倉競馬では五分のスタートも馬なりで縦長馬群の中団をキープ。直線に入ってもまだ前とは差があったが、そこから素晴らしい伸びを見せて優勝。「ありがとうございました。久々の右回りだったので、無理してポジションを取りに行ったりせず、様子を見ながら出たなりで進めました。直線に入って前とは差がありましたが、手応え十分で、追えば追っただけ伸びてくれました。ハマッたにしてもいい脚でしたし、時計も速いですよね。牧場でも厩舎でも最近はコントロールがきいていたので、それが実戦につながってくれて本当にうれしいです。元々能力の高い馬ですから、これをきっかけに軌道に乗ってもらいたいですね」(藤岡康騎手)好条件の中京では除外などで使うことができず、やや不安の残る右回りでの出走になりましたが、そんな懸念を吹き飛ばす快勝でした。抜群のデキをキープした陣営の調整も見事でしたし、ジョッキーもうまく末脚を引き出してくれました。今日のような競馬ができれば上のクラスでも楽しみです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。



ミラクルルージュ

7/30  NF天栄
トレッドミル調整か坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を行い、日によっては15-15も取り入れています。「ここまで順調に来ていますね。それなりに乗り込んできて、バランスを取るようにトレッドミルのみにするときもあり、うまくコントロールしながら調整をしてきました。体もひと通り膨らませることができているように見えますし、悪くないと思いますよ。調教師からも近々帰厩を考えていきたいと伺っていますし、移動を念頭に置いて調整を進めていきます」(天栄担当者)
8/1  上原厩舎
1日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後の疲れを癒すとともに体の回復を促すために天栄でじっくり調整してもらっていましたが、ここ最近の感じが良かったようでこのタイミングで戻させていただくことにしました。理想はフラットコースかなと思っていましたので新潟で競馬をしたいという気持ちもありましたからね。明日から少しずつ動かしていって徐々に速いところへシフトしていきますが、可能ならば新潟の最後あたりをメインに考えていくことになると思います」(上原師)



カーヴィシャス

8/1  松永幹厩舎
1日は軽めの調整を行いました。「水曜日に無事帰厩し、今朝からさっそく乗り出しています。小倉のダート1700m戦が目標になってくると思いますが、まだ軽め程度ですから、ここから時計を出していってどのあたりを使うか検討することになります」(斉藤助手)

7/31  松永幹厩舎
31日に栗東トレセンへ帰厩しました。

7/30  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も15-15に近いところも交えてしっかりと乗り込んでいます。馬体もふっくら見せていますし、心身ともにいいリフレッシュはできていると思います。明日の帰厩が決まりましたが、トレセンでもすぐに速い調教に対応できると思います。馬体重は459キロです」(NFしがらき担当者)



ゴーストペッパー

7/30  山元TC
周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整も織り交ぜています。「先週に引き続き周回コースと坂路コースを用いながらじっくり乗り込みを行っています。まだしっかりし切れていない面が目立ち、時間をかけていきたい状況にありますね。腰が入ってこない感じで、その分前に頼るような格好になりハミにモタれる走りにあります。今はまだ焦らず馬の良化に合わせて接してあげたいなと思うところですが、移動当初よりは良くなってきているのも確かです。数字だけではありませんが馬体重も最初の頃は469キロだったものが、しっかりと乗ってきていることでいい筋肉もついてきているのか少し前の計測ですが481キロになっていましたよ」(山元担当者)



ローザフィナーレ

7/30  NF天栄
角馬場と周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「脚元の状態を特に注意しながら調整していますが、今のところ痛みが強くなるようなことはありません。ただ、体が小さい馬なので一気に負荷をかけることはしないようにしています。乗る際は角馬場とミニトラックにて軽く動かしていますので、しばらくはこのような内容で乗っていくことになると思います」(天栄担当者)



アイリッシュハープ

8/1  須貝厩舎
7月31日は軽めの調整を行いました。8月1日は栗東坂路で追い切りました(55秒2-40秒3-26秒2-12秒7)。「先週の金曜日に練習がてらゲート試験を受けたところ、無事合格することができました。特に癖もなかったので大丈夫かなとは思っていましたが、なかなか優秀ですね。その後も脚元は安定していますし、このままデビューに向けて進めるつもりで今朝坂路で追い切っています。まだ息遣いや反応など良化の余地は残していますが、実質的な最初の追い切りとしては十分合格点を与えられる時計でしたし、順調に進めていけそうですよ」(橋本助手)

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-