マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG キャロット愛馬近況

キャロット愛馬近況

プリュム
20日にNF天栄へ向けて移動しました。

2/18  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間ですが、ちょっと歩様が乱れてしまったため、ウォーキングマシーン調整に留めています。右トモに違和感があるので調べたところ、球節周りがモヤモヤしているようです。エコーなどでも腱には問題はないのですが、しっかりと速い調教を積むには少し時間がかかりそうなので、一度北海道に戻して患部の治療をしつつじっくり調整することになりました」(NFしがらき担当者) 20日にNFしがらきを出発し、NF天栄を経由してNF早来へ放牧に出る予定です。
>



マジッククレスト

2/19  藤岡健厩舎
19日は軽めの調整を行いました。「先週は予定していた東京競馬が中止になりましたが、栗東を出発する前の発表でしたから、幸い無駄な輸送はしないで済みました。改めて今週出走を、とも思ったのですが、予定が変わったことで追い切りの本数も増えてきますし、仕切りなおすつもりで来週阪神の1200m戦まで延ばそうと思います。体調の方は問題ありませんよ」(藤岡健師)3月2日の阪神競馬(4歳上1000万下・ダ1200m)に出走を予定しています。



ミラクルルージュ

2/19  上原厩舎
19日は軽めの調整を行いました。「月曜日はジリジリとですが最後まで頑張ってくれましたし、勝つことはできなかったもののいい競馬を見せてくれましたね。中京へ行ったときは体も減って競馬もチグハグ。おそらく輸送で苦しくなって精神的にも余裕がなかったんだと思うんです。その点今回は体もふっくらさせられていたし、状態の良さが競馬につながったかなという気がします。レース後の状態はというといい意味で変わりなく、今日計量してみたところ458キロとレース時とほとんど変わらない状態にあります。さて、次ということになりますが正直ちょっと悩むところです。中京ならば牝馬限定戦があるし普通ならばそこへ行くところですが、同じ輸送競馬で苦しくならないかどうかという心配があるのは否めません。だからと言って中山となるとちょっとコース適性的にどうかなという気持ちもあります。いちおう中京のそのレースは優先出走権を目一杯に使って臨むことができるので、余裕を持たせた状態にしていければ中京を本線に考えていこうかなと思っています」(上原師)

2/17  上原厩舎
17日の東京競馬では五分のスタートから道中は前めでレースを進める。直線ではジリジリ伸びるが勝ち馬を捕えるまではできず3着。「最後までジリジリでしたがバテずに伸びてきましたし、よく頑張ってくれました。道中もかかるようなこともありませんでしたし、やはりいい馬ですね。初勝利を挙げたときと同じような状況でしたから何とかしたかったのが本音だけに勝たせることができず申し訳ありませんでした。少し馬場を嫌がるところを見せましたが、総合的にはこの悪条件の中でよく走ってくれたと思います」(内田騎手)「プラス20キロでしたが、前回までがちょっと減ってしまったのもあったし、入厩してきたときが490キロ近くあったのでちょうどいい感じに絞れて送り出せたと思うんです。距離が変更されて道悪馬場。鞍上は内田ジョッキー。枠以外、勝ったときと同じ条件が揃ったかなと思っていたので期待してました。終いはちょっとジリジリとでしたが道中のリズムも良かったし、頑張ってくれましたね。権利も獲れましたし、使っていきたいと思っていますが、あとはいかにコンディションを維持できるかでしょう。レース後の状態をよく見つつ判断していきたいと思います」(上原師)勝利を挙げたジョッキーだけにいいイメージを持って競馬に挑んでくれました。勝ち切ることこそできませんでしたが、ここ最近の今一つだった内容とは異なるレースを見せてくれたと思います。まだ良くなりそうな馬ですし、次走では更なる好走に期待したいと思います。今後は状態を見て次なる目標を定めていきます。


ゴーストペッパー

2/19  山元TC
坂路で16~17秒のキャンター調整を行い、日によってはハロン13~15秒のキャンターも取り入れています。「雪の影響は多少なりともありましたがスタッフも雪かきをするなどしてしっかり対応してきましたし、馬のほうも体調を崩すこともなく来ていますので問題はありません。基本的には坂路を中心に用いて動かすようにしています。徐々に春のシーズンも近づいてきますし、出走間隔も程良く空いてきていますからそろそろ移動の声がかかってきてもいいかもしれません。あとは馬の体調等をしっかり見ていって、調教師と相談していければと思っています」(山元担当者)



ローザフィナーレ

2/19  NF天栄
トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でのキャンター調整を取り入れています。「先週あたりまではトレッドミルを中心にしていましたが、先週末に一度坂路に入って15-15くらいのキャンターペースで登坂しました。脚元などは変わりなく来ていますが小柄ながらも体がちょっと余裕のある状態のようですし、オーバーワークになりすぎないよう気をつけつつ負荷をかけていってコンディションを整えていければと考えています」(天栄担当者)



アイリッシュハープ

2/20  須貝厩舎
19日は栗東坂路で追い切りました(53秒8-38秒7-25秒4-13秒2)。20日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で併せて追い切りました。相手の少し後ろから追走し、最後は半馬身ほど前に出るような内容で、ほぼ馬なりながらこのタイムですから以前よりも力をつけてきているのは感じますね。前走乗ってもらったクリスチャンが、ダートは良さそうと言ってくれていて、そのジョッキーが続けて手綱を取ってくれるというのも楽しみですし、いい結果を期待しています」(北村助手)22日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)にC.デムーロ騎手で出走いたします。



メジロヒラリーの12
馬体重:466kg 

現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ここにきて均整のとれた馬体へと大きく変わりそうな兆しが見られるなど、いい傾向にあります。以前までの周りを気にしていた性格も成長とともに見せなくなってきています。集中力が増してきたことで普段からまっすぐ坂路コースを駆け上がることができるようになってきました。今後もこの調子で良化を促していきます。
>



マルティンスタークの12

2/14  NF空港
馬体重:456kg 

現在は400m周回ダートコースでキャンター1200mの調整メニューを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン17~19秒のキャンターで2本元気に駆け上がっています。ハロン17秒台でしっかり負荷をかけることができているので、見た目にもより一層逞しい体付きになってきたように感じられます。坂路コースで併せ馬を行っても悠々と駆け上がってきてくれますし、いい形で進めることができています。今後も心身の状態を見つつ、更に良さを引き出していければ理想的でしょう。

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-