マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG キャロット愛馬近況

キャロット愛馬近況

プリュム

4/23  NF早来
周回コースでハロン20秒のキャンター調整を行っています。「先週は騎乗調教を始めて厩舎まわりであったり、馬場であったりと常歩から少しずつ動かし出していましたが、変化を見ても問題なさそうでした。それで、今週からはゆったりとしたものですがキャンターを開始しています。今のところコンディションに変わりはないので、何とかこのまま前へと進めていければと思っています」(早来担当者)



マジッククレスト

4/22  NFしがらき
丸馬場や坂路で調整を行っています。「だいぶフレッシュな状態になってきましたので、この中間から坂路でハロン15秒台の調教を取り入れてみました。久しぶりの速めの調教でしたが、うまく対応してくれましたし、乗った後も不安な点は見られません。状態が上がってきたことは間違いありませんので、この流れで調整していきます」(NFしがらき担当者)



ミラクルルージュ

4/23  上原厩舎
23日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後の回復をまず促して調整を進めてもらっていましたが、わりとスムーズに進めて来れたということでしたので、クラス編成前の競馬を狙ってこのタイミングで帰厩させていただきました。輸送による体の維持がポイントにはなりますが、新潟開催を目標にして調整を進めていこうと思っています」(上原師)

4/22  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整行い、日によって坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。23日に美浦トレセンへ帰厩する予定です。「この中間もいい意味で変わりありません。馬のほうも順調ですし、変にキリキリしたりすることもなく調整自体不安なく進めてくることができました。検疫が無事確保できれば最短で明日の帰厩予定となっていますので、あとは体調を崩さないかをしっかり確認して送り出したいと思います」(天栄担当者)



ゴーストペッパー

4/23  杉浦厩舎
23日は軽めの調整を行いました。「ちょっとずつちょっとずつ差を詰めてきているんですけれどね。着順も休み明けから3着、3着と来て今回2着。1着に近づいてきているのは確かなんですがなんだか遠い。使ってきているし、何とか勝たせてあげたいところです。レース後の状態ですがいい意味で変わりありません。走った後はどうしても熱を持つのですが歩様の乱れというか違和感もないですから、今週いっぱいしっかり見て、大丈夫なようならばまた競馬を考えていきたいと思っています。モタれなどもありましたし、可能ならば後藤にまたお願いするつもりですが、あくまでも馬の状態を見ながらレースを決めていければと思っています」(杉浦師)

4/20  杉浦厩舎
20日の中山競馬ではまずまずのスタートから道中5、6番手を追走し、直線では外からジワジワと差を詰めるも2着まで。「とにかく序盤から内々にササる感じで真っ直ぐ走らせるのに必死でした。なかなかハミも利かないですし、本当に難しいです。パワーは古馬並のものを持っているので、勝てる力はあるのですが、上手くそれを走りに活かすことができません。内枠でハナをきらせてラチを頼りながら走るなどすればまた違うと思いますが、今日はそうもいきませんでした。いい結果を出せず申し訳ありませんでした」(後藤騎手)「装鞍所では時折ピーピー鳴くなど相変わらずの面はあるのですが、レースに行けばそういうところはないですし、少しずつ馬体も良くなってパワーアップしているんです。ただし、力がついてきたことはいいのですが、その影響か口が硬くなって利きづらくなっています。今日は勝った馬が内で楽をしていましたからこちらとしては余計に乗り難しかったと思うのですが、もう一歩のところまでには来ていますし、決して悪い内容ではないんですけどね。この後はトレセンで疲れの溜まりやすい膝を中心に状態を見てからになりますが、そのまま次に向かうにしてもハミの取り方などを改めて確認しながら、必要に応じて微調整していくかもしれません」(杉浦師)今日は口が利きにくく内にササるようなところがあるなど課題も見られましたが、この春の中山開催では安定して上位争いできているように力は通用するでしょうし、何とかこの流れを維持して一番いい結果につなげていきたいところです。この後は心身共に状態をチェックしてからどうするか判断していきます。



ローザフィナーレ

4/24  引退
「昨日に続いて様子を見ていたのですが、夕方より今朝のほうが正直状態は悪くなっていたため、改めて獣医を呼んで検査しました。その結果、昨日は見られなかったのですがレントゲン上に骨折線が見られ、骨にひびが入っていることが判明しました。比較的大きめなもので、診断としましては治るのに半年以上はかかるのではないかということでした。筋肉の痛みに関しては結局脚元をかばったことで張っていたり、痛みが出たりしたのだと思います。本当に今回は具合が良くて楽しみを持っていましたし、今回我慢して立て直すことによって何とかチャンスを見い出してものにしたいと思っていたのですが、このようなことになってしまい誠に申し訳ありません」(大和田師)昨日の状態からは早期復帰を見込みたいと考えておりましたが、今朝の様子が芳しくなかったため再度検査をした結果、骨折が判明し半年以上の休養が必要となる怪我であることがわかりました。未勝利期間内の復帰は難しいと言わざるを得ないことから大和田成調教師と協議を行った結果、誠に残念ですがここで現役を引退して競走馬登録を抹消することになりました。なお、本馬に出資されています会員の方へは追って書面をもちましてご案内いたします。

4/23  大和田厩舎
23日は美浦北Cコースで追い切りました(67秒1-51秒7-38秒5-12秒8)。「先週はギリギリまで見て出走できることに期待したのですが、残念ながら除外となってしまったため今週に向けて再度調整を進めていました。先週は南のDコースで追い切りましたが今朝は馬が少ない北のCコースで追い切りをかけたんです。リズムも良く調子はキープできているし、雰囲気も悪くないなと感じさせる動きを見せてくれたんです。想定を見ても今週は入りそうだからあとはこのまま無事に行ってくれればと思っていたのですが、午後になって馬体チェックをしたところ、右トモの歩様が芳しくありません。今はまだ違和感程度で済んでいるのですが、動かして改善するような感じではなく、時によってしっかりと踏ん張れず浮かすようなところもあります。すぐに獣医師を呼んで診てもらったところ、骨の異常というより筋肉を傷めたような症状に見え、肉離れに近いような痛みがあるのだろうということでした。天栄のスタッフさんも今日美浦に来ていたので見てもらって相談もしましたが、消炎剤等でいくらか痛みをごまかして競馬まで行ったとしても正直いいパフォーマンスを望むことは難しいように思います。また、ここで走ったとしてもその後の反動が心配で、下手すると未勝利期間内の回復が見込めなくなる可能性も否定できません。体の張り艶などを見ていても今回はこれまでとは違うなと思っていましたし、条件を変えてみて新味に期待したい、期待できるんじゃないかと思っていたところだっただけに非常に歯がゆいですし、申し訳ないのですが、ここを我慢してダメージを最小限にし、回復を少しでも早めていい状態で競馬へ向かうという形にした方がいいだろうという結論に至りました。つくづく先週使えていればと悔やまれますし、楽しみにされていた会員の皆様にも誠に申し訳ありませんが、一度立て直させてください」(大和田師)



アイリッシュハープ

4/24  須貝厩舎
27日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1400m)に池添騎手で出走いたします。

4/23  須貝厩舎
23日は栗東坂路で追い切りました(54秒6-39秒3-25秒7-12秒8)。「今週の競馬へ向けて今朝坂路で時計を出しました。跨がっていたスタッフに話を聞いても感触は悪くなかったですし、動きを見ていても一定の態勢を整えられたと思います。ダートを使いはじめてからは安定して走っていてしっかりと着差を詰めて来ていますので、もちろん今回はこれまでよりもいい結果を出したいですね」(須貝師)27日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1400m)に池添騎手で出走を予定しています。

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-