マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG キャロット愛馬近況

キャロット愛馬近況

プリュム

7/2  NF早来
周回コースでハロン20秒のキャンター調整を行い、週2回は屋内坂路でハロン14~15秒のキャンター、週1回はハロン13秒のキャンター調整を取り入れています。「順調に来ていますね。こちらへ帰ってくることになった脚元の疲れを表面に出すこともありませんし、大きく変わらない中でしっかりと乗れていることは良いことだと思いますよ。今週も日を選んで速いところ、場合によっては13-13といった競馬を意識した調教を課していますし、しっかり負荷をかけて復帰戦へつなげていければと考えています」(早来担当者)



マジッククレスト

7/3  藤岡厩舎
2日は栗東坂路で追い切りました(54秒8-38秒6-25秒1-12秒4)。3日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で終い重点に追い切りました。前半はゆったり入ってラスト1ハロンが12秒4。前回はちょっとピリピリしたところが見られましたが、今回は力みがなくいい雰囲気ですよ。週末、来週とやっていい状態に仕上がりそうですし、心身ともにフレッシュな方がいい結果が出るタイプですからね。中京は久しぶりですが、いいイメージがありますし、競馬はしやすいと思います」(藤岡師)12日の中京競馬(尾頭橋特別・ダ1200m)に出走を予定しています。



ミラクルルージュ

7/2  NF天栄
2日にNF天栄へ放牧に出ました。「先週はいい走りをお見せできなくて申し訳ございませんでした。パーティーの日でしたし、少しでも会員の方々に喜んでもらえればと思ったのですが・・・。中間少し気になっていた喉に関しては問題なく、やはり喉の疾患というよりは暑さに堪えて見せていたものだったのでしょう。何とか整えて送り出したつもりでしたが、湿度、温度の変動もあって体調が本物ではなかったのだと思いますし、しっかり仕切り直して巻き返せるようにしたいと思っています。レース後、さすがにヘロヘロになってしまって、歩様もゴトゴトになっていたんです。万が一のことがあってはいけないと思って膝のレントゲンを撮りましたが問題はなかったので、体調を整える休養をとりたいと思います。牧場での状態にもよるのですが、夏バテ気味だったことを考えると暑い時期に再度競馬というのはやや酷かなという気もしますし、場合によっては夏休みにして秋に備えることになるかもしれません」(上原師)



アイリッシュハープ

7/1  追分Fリリーバレー
軽めの調整を行っています。「ここまで安定した競馬を見せてくれていただけに先週の競馬は残念でした。勝利まであと一歩まできていますし、何とかしたいですね。まずはダメージの有り無しをしっかりと確認して、再度態勢を整えていければと思います」(追分Fリリーバレー担当者)

6/29  追分Fリリーバレー
29日に追分Fリリーバレーへ放牧に出ました。

6/28  函館競馬場
28日の函館競馬では1コーナーで進路が狭くなり思っていたより後ろを追走する。道中はそのまま中団からになるが、直線最後まで目立った脚を使うことができず9着。「減量を活かせるように前々で運ぼうと考えていましたし、スタート後は促して行ったのですが、最初のコーナーで詰まってしまいました。今日は序盤にリズムを崩して流れに乗れなかったことが一番ですが、結果的に最後までスムーズさを欠いてしまって…。前回に引き続き声をかけていただきましたし、馬の力を考えたらここは勝たなければいけなかったのですが、大変申し訳ありません」(小崎騎手)「う~ん…。今日は1コーナーからブレーキをかける格好になりましたし、終始チグハグな走りでした。北海道まで応援に来ていただいた会員さんはもちろん、馬にも申し訳ない気持ちです。中1週での競馬ではあったものの、滞在効果もあってか体が戻っていたから楽しみにしていましたし、何より力関係を考えてもスムーズに運べていたらと思うと残念です。この後はまずは馬体をチェックしてからになるでしょうが、こういった競馬の後なのでダメージが出てくる可能性もゼロではありませんし、より慎重に見ていきたいですね」(須貝師)ここのところは6戦連続で掲示板に載る走りを見せてくれていましたし、馬場状態は違えど前走と同じ条件で前進を期待したのですが、今日は最後までいいリズムに乗ることができず力を発揮できませんでした。この後はレース後に放牧を挟む可能性はありますが、その場合も状態次第では短期間で帰厩することも考えますし、次走は自分の走りをして結果に結びつけたいものです。



ラッシュアタック

7/1  NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「熱発が落ち着いた後に再び症状をぶり返すようなことはないのですが、先週は血液の状態がひと息に感じたんです。ただ、その後治療しつつじっくり急かさないように動かしてきたことで外見上も、血液の状態も少しずついい方向へ変わってきているように感じます。環境の変化でやはり堪えたところもあったのでしょうし、何とかこのまま右肩上がりに良くしていければと思っています」(天栄担当者)



グリューヴァイン

6/30  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しており、週1日はハロン14秒を消化しています。ハロン14秒ペースを織り交ぜながら乗り込んできたことで更に馬体は良化してきており、体調に不安はありません。今のところ、7月6日に札幌競馬場への入厩を予定していますので、この先が楽しみな限りです。夏の競馬の可能性も出てきそうですので気を抜かずしっかり調整していければと思います。

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-