マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG キャロット愛馬近況

キャロット愛馬近況

プリュム

10/30  羽月厩舎
29日は栗東CWコースで追い切りました。30日は軽めの調整を行いました。「水曜日は2歳馬に遅れてしまいましたが、元々、CWコースではそれほど動くタイプではないですからね。決して手を抜いているわけではなく、この馬自身は一生懸命に走っているんです。動きは良かったし、時計的にもまずまずといったところでした。変わりなく良い状態をキープできているので、今回も上位争いを期待したいですね。前回、チークピーシズを着用しましたが、そんなに効いていたとは思いませんので、今回はブリンカーに戻してレースに臨みます」(羽月師)11月2日の福島競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1150m)に小崎騎手で出走いたします。



マジッククレスト
軽めの調整を行っています。「引き続き丸馬場でのフラットワークとトレッドミルでの調整を行っていますが、心身ともにいいリフレッシュになっているようです。しっかり動かすことができていますし、まずはこの調子で良化を促していければと思います。馬体重は483キロです」(NFしがらき担当者)
>



ミラクルルージュ

10/30  上原厩舎
11月1日の福島競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝2000m)に松田騎手で出走いたします。

10/29  上原厩舎
29日は美浦南Wコースで追い切りました(73秒3-56秒9-42秒4-13秒2)。「これまでそれなりに負荷をかけてきましたし、だいぶ気持ちも入ってきています。順調に仕上がってきていると思えましたし、今週の追い切りは輸送も考慮してサッと整えるように動かすことにしました。追い切りはウッドチップコースに入って単走追いでしたが、キビキビとしていて動きはまずまずでしたよ。乗り手も気になることはなかったと言っていましたし、順調に仕上がったのではないかなと思います。あとは福島までとはいえ輸送でイレ込まないかですね。以前一度松田大作に乗ってもらったときは輸送でイレ込んでいい精神状態でレースができず、チグハグになってしまった印象があるのですが、まともならばいい走りをしてくれるはずなんです。頑張ってほしいと思っています」(上原師)11月1日の福島競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝2000m)に松田騎手で出走を予定しています。



アイリッシュハープ

10/29  吉澤WEST
29日に吉澤ステーブルWESTへ放牧に出ました。「リフレッシュされて馬の状態はかなり良かったので結果は残念でしたが、ここは昇級戦でもありますし、クラス慣れしてくればまた違ってくるはずです。レース後は大きな反動は見せていませんが、久々で輸送もありましたし、優先出走権を確保できなかったことも考慮して一度放牧に出させていただきました」(橋本助手)

10/25  須貝厩舎
25日の福島競馬は五分のスタートを切り縦長の展開のなか中団を追走。勝負どころから上がっていきたかったが行きっぷりが悪く9着。「返し馬は何にも気にはならなかったのですが、競馬に行くと突っ張ってしまってまったく進んでいきませんでした。正直、なにかおかしくしてしまったのかと心配してしまうほどでした。スタート後だけでなく終始そのような感じだったので…。中間の様子がわからないだけに明確なことは言えませんが、ちょっと馬場を気にしたのか、気持ちの面でやや難しいところが出てしまったのでしょうか。スムーズな走りができていれば違ったはずですし、力通りの結果ではないはずです」(勝浦騎手)夏の激戦の疲れを癒すための休養に入り前走から2ヶ月半。休んだ分の効果はあるかに見えたのですが、スタート後、道中、勝負どころと進みが悪く、上位争いに加わることができませんでした。昇級初戦ですし、もまれる必要もあるのかもしれませんが、今日は力を発揮できなかった感もありますので、経験を積みつつ前進を見せてほしいと思います。今後についてはレース後の状態をもとに判断していきます。



ラッシュアタック

10/29  菊川厩舎
29日は軽めの調整を行いました。「先週はちょっと消化不良なレースになってしまったのですが、能力の一端は見せてくれたと思いますし、次はさらに上を目指していきたいですね。まだ体力面がしっかりとし切れていない馬なのでダメージの有無で続戦か放牧を挟むか考えたいと思っていましたが、今日までの様子では問題なさそうなんです。もう少し見ていかなければいけませんが、このままならば続戦したいなと思っていますよ。レースをどこにするかはまだ決めていませんが、最短で中1週もあり得るものの、基本的には中2週くらいかなという気はしているんです。子供っぽいところがあるし、いい感触を得てくれた皇成が乗れればいちばんいいのですが、5回東京の2週目だとG1で京都へ行っていて乗れなさそう。もし2週目にするならば必然的に替えざるを得ませんが、そのあたりも加味しつつ状態面を優先して今後の予定を決めていきます」(菊川師)

10/26  菊川厩舎
26日の東京競馬は五分のスタートから先団を見つつ追走。直線は進路を探し外に出して差を詰めてくるが4着まで。「スタートも新馬戦としてはまずまずで流れを見ながら進められました。手応えよく直線へ向かえましたが、ゴーサインを出すとスッとは反応できずモタモタして窮屈になってしまいました。切り返したときにグッと取ったと思ったら逃げるように外へ膨らんでしまいました。いかにも新馬という感じで繊細な部分を見せていましたが、使われてまた変わってきそうで、走ってくる馬だと思います。いちばんいい結果を出せなくて申し訳ありません」(三浦騎手)「初めての競馬ですからどうなるかはふたを開けてみないとわからない部分もありますが、当日輸送で競馬場に着たけれど落ち着いていましたね。馬体重は美浦にいる頃から少し減ったくらいでお腹には少し余裕のあるような格好に見えましたが、こういう体型なのでしょう。ゲートも速くはないけれど問題なくこなしてくれましたし、道中も悪くない。直線は子供っぽさもありましたが、及第点をあげられる内容だったと思います。中間少し疲れが出てそこから段々と良くなってきている状況の中での競馬でしたから次はまた良くなるはずです。このあとについてはガクッと来ても不思議ではないのでレース後の状態をよく確認して判断していきます」(菊川師)中間に少し疲れが見られて良化途上で臨む形にはなりましたが、追い切りでもまずまずの動きを見せてくれ、楽しみを持って競馬へ向かえました。直線では敏感な部分を見せてしまいましたが見どころもありましたし、今後に期待を持てるレースだったと言えると思います。まだ体力的にしっかりしていないところもあるだけに、今後についてはまず状態をよく見てから判断していきます。



グリューヴァイン

10/28  NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン13~15秒のキャンターを行っています。「この中間は日によって坂路で15-15より強めのところを取り入れていますが、堪えるようなところはなく順調に進めることができていると言えるでしょう。調教師とはこのまま継続して乗って行けるようなら早ければ来月中にも本州移動を考えていきましょうとの話をしていますよ」(空港担当者)

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-