マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG キャロット愛馬近況

キャロット愛馬近況

プリュム

12/4  羽月厩舎
7日の中京競馬(鳴海特別・ダ1200m)に小崎騎手で出走いたします。

12/3  羽月厩舎
3日は栗東Pコースで追い切りました。「今朝は先週に引き続きポリトラックでサッと馬なり程度の追い切りを行っています。使ってきているので速い時計は必要なかったのですが、まったく楽な手応えのまま77秒台、ラストも12秒5と思った以上にタイムが出ていました。行きたがっているわけでもないので、それだけ状態がいいということでしょう。今回は昇級戦ですが、元々このクラスでも上位に来ていた馬ですし、今の状態の良さなら十分通用すると思っています」(羽月師)7日の中京競馬(鳴海特別・ダ1200m)に小崎騎手で出走を予定しています。


マジッククレスト

12/4  藤岡厩舎
3日は栗東坂路で追い切りました(55秒5-39秒8-25秒9-13秒1)。4日は軽めの調整を行いました。「今週も馬場が重たかったのですが、ラストは先週と同じ13秒1で上がってきていますし、時計的にはこれで十分でしょう。最後まで動きもしっかりとしていましたし、びっしりと追い切ったことで馬もピリッとしてきました。依然として毛ヅヤも良く見せていますし、状態はいいですよ。終いにジリジリと伸びてきていた前走時も、状態はいいかなと思っていたのですが、今回はその時よりもいいと思います。好勝負を期待したいですね」(仲田助手)7日の中京競馬(鳴海特別・ダ1200m)に酒井騎手で出走いたします。



ミラクルルージュ

12/3  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「疲れのあったトモの兼ね合いから、その右トモに傷ができ、傷腫れも出ていたんです。ただ、今朝の様子からだいぶ落ち着いてきたような印象がありますね。まだ軽めのところで乗っていて様子を見ている段階ですが、問題なさそうならば徐々に進めていければ理想的と思っています」(天栄担当者)



アイリッシュハープ

12/4  吉澤WEST
この中間は坂路コースでハロン13~14秒のキャンター調整を行っています。「だいぶ動けるようになってきましたので、ハロン13秒ペースを中心にして乗り始めています。いい形で乗り込めていますので、このまま具体的な入厩の日程を徐々に詰めていければと思っています」(牧場担当者)



ラッシュアタック

12/3  NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「最初はマシン運動を行っていてその後はトレッドミルでの調整を行っていましたが、今週から乗り運動も交え始めました。最初こちらにいたときから見られるのですが、トモなどちょっとクタクタしやすい馬ですし、疲れの抜け具合を見ながら馬の状態に合わせて少しずつ動かしていこうと思っています」(天栄担当者)



グリューヴァイン

12/4  牧田厩舎
3日は栗東CWコースで追い切りました。4日は軽めの調整を行いました。「昨日、川田騎手に跨ってもらってCWで追い切りました。まだトモに甘さはありますが、キャンターに行くといい走りをしますね。軽めに乗って5ハロンが68秒、終いが12秒台前半ですから時計的にも優秀ですよ。左トモの外傷については腫れも引いて、傷口はかさぶたになっていますし、動かしても痛がるそぶりはありませんので大丈夫だと思います。ただ、普段からテンションが高いですし、ゲートの中でかなりゴソゴソするところがあって、川田騎手もそのあたりが課題かなと言っていました。出るのは問題ないんですけどね。どの番組から使っていくかはゲート次第になりそうですが、初めて栗東へ来てまだ1週間ほどですから、そのあたりは環境に慣れてくれば徐々に落ち着きも出て解消されてくるでしょう。週末も引き続きゲート練習を行う予定です」(今井助手)



エカルラートの13

11/28  NF空港
馬体重:398kg 

現在は角馬場でのフラットワークを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン18~20秒のキャンターで1本登坂しています。物覚えが良く、乗り出してから数日で調教を理解してくれたようで集中した様子を見せています。騎乗運動を行うことで馬体重は減っていますが、余分な脂肪が取れてきたことによるものですし、カイバは食べていますので筋肉が付いてくれば徐々に増加に転じてくると見ています。今後も成長を見ながら日々進めていければと考えています。



クリンゲルベルガーの13

11/28  NF早来
馬体重:414kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動と角馬場、屋内周回コース2400m、坂路コース1本の調教を日替わりで行っています。コンパクトな体型をしていますが、馬体の各パーツはバランスよくまとまっていますので、キャンターのフォームには無駄がなくスムーズな加速を見せています。まだまだ荒削りな部分はありますが、裏を返せば多くの成長の余地を残しているということですので、今後どのような進展を見せてくれるのか楽しみでなりません。

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-