マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG 愛馬近況

愛馬近況

プリュム

1/6  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き周回コースや坂路でじっくり動かしていますが、いいリフレッシュになっているようですね。体も徐々に解れてきたようですし、この調子で徐々に良化を促していければと考えています。そう遠くなく帰厩の見込みですし、緩めずにしっかり動かしていきます」(NFしがらき担当者)



マジッククレスト

1/6  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「年末年始も引き続き丸馬場でのフラットワークを行いつつ、トレッドミルではキャンターくらいのペースでしっかりと動かしています。いいリフレッシュになっているようですし、この調子で進めながら状態アップを図っていければと思います」(NFしがらき担当者)



ミラクルルージュ

1/8  上原厩舎
8日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後は時間をかけてじっくりと調整してもらっていました。中間に疲れが出て少し時間をかけてもらいましたが、移動を考えるのは問題ないかなと思える状態ということでこのタイミングで帰厩させていただいています。まだハッキリと予定を決めているわけではありませんし、様子を見つつ進めていっていいなと思えるタイミングでレースを考えていくつもりです」(上原師)

1/6  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「年末に右前脚の膝付近に若干疲れが見られたので気をつけて見ていましたが、大きな影響はなさそうでした。それで再び乗り進めており、今朝も坂路に入るなどしながら調教を行っています。元々は年明けのいいタイミングの時に入れてもらえたらという話をさせていただいていたのですが、現状移動となっても対応できるレベルにはあるように思いますので、声がかかり次第トレセンへ送り出すことになるでしょう」(天栄担当者)



アイリッシュハープ

1/7  須貝厩舎
7日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬はスタートで出負けしてしまいましたが、しっかりと脚を溜めて最後はいい伸びを見せてくれました。優先権を確保できましたし、レース後も馬体に異常はありませんので、このまま続戦していきたいと思います。来週から中京開催も始まるので、そちらも視野に入れながら調整していきます」(須貝師)

1/4  須貝厩舎
4日の京都競馬ではやや立ち遅れ気味のスタートで後方からになり、内目でじっくり進める。直線で追い出すとしっかり伸びて5着。「本当はもう少し前で競馬をしたかったのですが、スタートのタイミングが合わず、後ろからになってしまいました。無理に動かさず腹をくくってじっと脚を溜めて行くことにしましたが、その分最後はしっかり伸びてくれましたね。スタートさえ五分ならもっとスムーズに流れに乗って走れるでしょうし、この距離はいいのではないかと思います」(松若騎手)「スタートでちょっと出負けしてしまいましたが、焦らずじっくり構えて最後はいい伸びでした。この距離でこういう競馬ができたのは収穫ですね。溜めればしっかり脚を使えますし、ここを使っての上積みにも期待できそうですね。馬体に問題ないようなら、このまま厩舎に置いて使っていく予定です」(須貝師)スタートは少し遅れましたが、無理に出していかなかったのも良かったようで、直線は見どころのある脚でした。この距離にも対応できましたし、もう少し流れに乗って進められれば上位を狙えそうです。このあとは馬体に異常がないようなら続戦の予定です。

1/2  須貝厩舎
2014年12月31日は栗東坂路で追い切りました(52秒9-38秒7-25秒5-12秒8)。2日は軽めの調整を行いました。「この中間も変わらず順調に来ています。最終追い切りは、年末の31日に坂路で併せて強め。手応えには余力がありながらこの時計ですから、1週前の追い切りから比べても動きはずいぶん素軽くなっています。昇級戦だった前走が案外な結果でしたが、坂路でこれだけ時計が出るところを見ると、距離短縮はプラスに働きそうですし、減量騎手を起用してのひと押しにも期待したいところです」(須貝師)4日の京都競馬(4歳上500万下・ダ1400m)に松若騎手で出走いたします。



ラッシュアタック

1/6  NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「順調に調教を積み重ねていて体調も悪くないですよ。2月の競馬を目指して行けると思いますし、おそらく数週間のうちには移動となるでしょう。入厩に向けてこの後もしっかりと調整していきます」(天栄担当者)



グリューヴァイン

1/8  牧田厩舎
7日は軽めの調整を行いました。8日は栗東坂路で追い切りました(51秒8-38秒5-25秒5-13秒2)。「水曜日の想定を見たところ、希望していた牝馬限定のダート1200mに出走できそうでしたので、今朝坂路でビシッと追い切りました。朝一番で馬場状態が良かったとはいえ、時計は出しすぎたのではないかというぐらい出ています。だいぶ行く気を見せていて、距離短縮もいい方に出そうだと楽しみにしていたのですが、投票段階で馬が増えてしまい、結局除外になってしまいました。来週からは3場開催になるのでおそらく出走できるでしょうし、いい状態で送り出せるようにしっかりと調整していきます」(牧田師)12日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1200m)は非抽選除外になりました。このあとは来週以降の出走を予定しています。

1/2  牧田厩舎
2014年12月31日は栗東坂路で15-15程度の調教を行いました(57秒2-41秒7-28秒0-14秒2)。2日は軽めの調整を行いました。「この中間は、年末の31日に坂路で馬なり程度のところを乗っています。15-14程度でサラッと時計を出しておいて、あとは出馬状況を見ながら負荷を強めていければいいでしょう。久々を使った反動は見せていませんし、一度叩いて反応が良くなってくれればいいですね。引き続き3日間開催のどこかで使うつもりで進めていきます」(牧田師)



エカルラートの13

12/26  NF空港
馬体重:382kg 

現在は角馬場でのフラットワークを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで1本登坂しています。ハロン17秒ペースを開始しており、牧場内でも比較的進んでいる組でメニューをこなすことができています。今のペースの調教にもしっかり適応できており、無理なく駆け上がれていますので、今後は状態を見て更に負荷を高めていければと考えています。馬体を見ると乗り込むことで更に引き締まりを見せていますし、早期のデビューを目指してどんどん進めていきたいところです。



クリンゲルベルガー13

12/26  NF早来
馬体重:417kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週2回は屋内周回コースでキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週1回は角馬場でフラットワークを行っています。他の馬達と同様の調教メニューを課していますが、馬体重が増加傾向にあるのは好印象です。負荷をかけながら順当に成長を見せてくれていますし、坂路では行きっぷりのいい走りを見せています。引き続き様子を見ながら適切な負荷をかけていくことで更なる良化に取り組んでいきたいと考えています。


スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-