マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG 愛馬の近況

愛馬の近況

プリュム

3/12  羽月厩舎
14日の中京競馬(恵那特別・ダ1200m)に小崎騎手で出走いたします。

3/11  羽月厩舎
11日は栗東Pコースで追い切りました。「今朝はポリトラックで併せて追い切りました。道中はパートナーを大きく追走し、最後は1馬身ほど及ばず。調教では併せ馬をしても、ビシッと先着するというタイプではありませんし、追い切りはいつもどおりといった内容ですね。ただ、この馬は調子のいい時はトモの踏み込みが良すぎて、前脚に引っ掛けて傷を作ってしまう時があるのですが、今の状態がまさにそれ。今朝はかなり冷え込んでいましたし、ここでCWコースで走らせてしまうと、今度はチップが擦れて余計に傷を作ってしまう恐れもあるので、今朝はポリトラックでの調教に切り替えたんです。追い切り後はテンションの高揚もなく、肉体面と精神面がうまくマッチしていていい雰囲気ですよ。6歳牝馬ということで今回が最後のレースとなってしまう可能性が高いので、何とかいい競馬を、いい結果を期待したいですね」(山下助手)14日の中京競馬(恵那特別・ダ1200m)に小崎騎手で出走を予定しています。



ミラクルルージュ

3/10  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「右膝に疲れやすさがあって、特に右前脚の捌きの硬さを感じさせるのですが、少しずつ進めていけるところではあります。それで、現在は坂路にも入り出していますよ。無理のない程度にサッと動かしていますし、この調子で進めていければまた具体的なことを考えていけると思います」(天栄担当者)



アイリッシュハープ
11日は軽めの調整を行いました。12日は栗東坂路で追い切りました(55秒3-40秒2-26秒0-13秒2)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。相手を2馬身ほど追走し、徐々に並びかけていくという形。相手が僅かに先着したのですが、手綱を持ったままで楽な手応えでしたし、この遅れは気にすることはないでしょう。軽い脚捌きで動きもなかなか良かったと思います。目標である来週の競馬に向けていい負荷をかけることができていますよ。この中間、少しカイバ喰いが落ちるようなこともあったのですが、それも今は回復していて特に問題はありませんし、ここまでは順調に調整ができていますよ」(橋本助手)21日の中京競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に松若騎手で出走を予定しています。
>



ラッシュアタック

3/11  菊川厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は勝ちたかっただけに悔しかったですね。ただ、大外枠なりの競馬をして勝ちに行ってくれたので、結果だけがついてこなかったという印象もあります。残念ではありますが、もちろんここで気持ちを切らさずに次で勝ちに行きたいですね。今はレース後の状態を見極めているところです。今のところ問題ないように映るのですが、皇成は若干右トモの甘さを感じていたようですし、時間が経って疲れが出てこないかなどもしっかり確認しつつ今後どうしていくか判断したいと思っています。問題なければもう1回頑張って勝たせてちょっとお休みという形にできれば理想的かなと思っています」(菊川師)

3/8  菊川厩舎
8日の中山競馬ではまずまずのスタートから道中中団を追走し、直線では終いまでしっかりと脚を使っているが、勝ち馬の切れに勝ちをすくわれてしまい2着。「ゲートの中は相変わらずでおとなしいとは言い切れないのですが、外枠で後入れも良かったのか我慢できていたと思います。出に関しては自分からスイスイ出ていくほどではないものの促したら二の脚はついてくれましたし、枠を考えてもイメージに近い位置を確保することはできましたね。今日の馬場は雨で緩さがあったのですが、この馬自身は特段気にすることなく走ることができていましたし、いい手応えで直線へ向かえたのでいけると思ったのですが…。結果的に勝ち馬に目標にされてしまったのですが、一気に来られて切れを活かされてしまったのが痛かったです。初めての右回りも問題なかったですし、馬体なんかも少しずつ良くなって来ているのでここで決めたかっただけに、申し訳ありません」(三浦騎手)「今日のような馬場も、右回りも問題なく勝ちを意識できる競馬をしてくれたのですが…。もう少しでも馬体を併せるような形になればまた違ったのでしょうが、切れ味のある馬にやられてしまいました。ゲートに関しては完璧とは言えなかったものの、道中の走りは悪くないものだっただけに余計に悔しくもありますし、申し訳ありませんでした。まだ緩さはあるものの少しずつはまとまりが出つつありますし、成績も安定しているのはいい傾向ですが、やはり一番いい結果でなければいけませんからね。この後についてはまずはトレセンで状態を確認してからどうするか判断していきます」(菊川師)大外枠からのスタートも道中はスムーズに運ぶことができましたし、勝利までもう少しのところまで来ています。ここまで悔しい結果が続いてしまっていますが、条件を問わずに上位の走りができていますから、次こそは先頭でゴールしてほしいものです。この後は状態や番組を見ながらどのあたりを目標にするか決めていきます。



グリューヴァイン

3/10  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週後半からは坂路での調教も開始し、普通キャンターのペースで進めています。まだ完全に疲れが抜けたわけではありませんし、もうしばらくは軽く乗りながら心身のリフレッシュを図っていきます」(NFしがらき担当者)



ラフォンテロッソ

3/13  NF空港
馬体重:371kg 

現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンターで1本登坂しています。馬体が減りやすく、カイバ喰いも細いところはありますが、坂路ではしっかりとキャンターを消化することができています。頑張りすぎてしまう面がありますので、現在は周回コースのみで無理をさせない期間も設けながら進めるように心がけています。現状で求める成長が見られるまでは強弱を付けながら馬に合わせて調教していければと思います。



レンベルガー

3/13  NF早来
馬体重:412kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本を行っています。ハロン16秒のペースでしっかり乗り込んできた効果から肩やトモなどの筋肉量が増し、見た目にもだいぶメリハリが出てきました。実際に同じペースであっても調教時の動きは一段と良化しているので、今後もこの調子で基礎体力を構築していけばさらなる成長を遂げてくれることでしょう。

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-