マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG キャロット愛馬近況

キャロット愛馬近況

ミラクルルージュ

6/13  引退
13日の東京競馬ではまずまずのスタートから中団をじっくり進む。手応えよく直線へ向かえたかに見えたが最後は余力がなくなり11着。「今回の長めの距離で変わり身を見せたかったのですが、いい時のこの馬ならむしろ掛かるのを気を付けなければいけないくらいなのに、むしろ行きっぷりがもうひとつで思ったように進んでくれませんでした。ちょっと硬さがあってフットワークもこじんまりしてしまっていましたし、その影響があったのか…。力をフルに発揮できればこんなはずはないのでしょうが、力になれず申し訳ありません」(田辺騎手)「今回は鼻革を替えてみて上に浮いてしまいがちな走りを修正できていて稽古の感触の良さを持ってレースへ送り出せたと思います。馬体も数字上では変わりないかもしれませんが、この馬独特の体型がそこまで目立たないくらいトモを中心に各パーツに丸みがあって良いなと思っていたんです。今回は距離を延ばしてみたわけですが、おかげで追走はずいぶん楽で、勝負どころへ向かうときの格好も悪くないなと思えましたよね。しかし、最後は余裕がなくなっていました。田辺に聞くとフットワークがバラバラになってしまい、以前のような良い感触があまりなかったということだったんです。ジョッキーたちに言わせるとデビューのときからすごく良いフットワークの持ち主というわけではなかったようなのですが、そのなかでもひと息だったのでしょうか…。変えていければいいのですが、毛色が黒くて暑い時期は不得意な馬で、去年もお休みをいただいていました。悪くないと思っていたなかでさらにガラッと短期間で変えるというのは難しいと言わざるを得ませんし、お時間をだいぶいただいてしまうことになってします。レイザーの娘ですし、勝たせてあげられたのは嬉しかったのですが、さらなる活躍をさせてあげられなくて悔しいです。申し訳ありません」(上原師)なかなか成績を変えていけない状況が続いていましたので前走はダート、今回は芝に戻して余裕をつくるために距離を延ばしてみて前進を狙いました。道中の感触からやれると力が入ったくらいでしたが、実際のところはフットワークが芳しくなかった模様で距離などの適性云々の前にこの馬の良さが感じられない状況だったようです。陣営には試行錯誤してもらっていたのですが、なかなか復活の糸口を掴むことができません。夏の暑い時期は不得手にしているということからもコンスタントに使って良化を図っていくことも望みにくい現状を考えて、上原博之調教師と協議を行った結果、誠に残念ではございますがここで諦め、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様には残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されています会員の方へは、後日書面をもってご案内いたします。



アイリッシュハープ

6/18  函館競馬場
17日は函館Wコースで追い切りました。18日は軽めの調整を行いました。「水曜日はウッドコースで併せて追い切っています。この中間も順調に乗り込んでいて、特に気になるところはなく、体調も良好です。栗東では坂路を中心に調教している馬ですが、函館のウッドコースでの調整は昨年も経験済みですし、広すぎないコースでかえって落ち着いて乗り込むことができていますよ。前走後は目標を函館に定めて調整してきましたし状態も変わりなくいいので、減量騎手起用でのひと押しも期待したいですね」(須貝師)21日の函館競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に加藤騎手で出走いたします。



ラッシュアタック

6/18  函館競馬場
先週末に函館競馬場へ移動しました。17日は函館Wコースで追い切りました(72秒5-56秒1-41秒1-12秒7)。18日は軽めの調整を行いました。「予定通り先週末に函館競馬場へ移動しました。長距離輸送は問題なくこなせており、現地での調整もスムーズに開始できています。先週気になった膝部分も今では気にならない状態になっていましたが、念のために皇成に跨ってもらって違和感がないか、動きに気になる部分はないか、今週のレースへ自信を持って向かえるかを直接感じ取ってもらうようにしました。トレセンでしっかり乗り込んでからの北海道入りなので、今週はそこまで強い調教は要らないから終いだけ少し伸ばすくらいでいいと言うオーダーも出していたんです。ハロー明けのタイミングで馬が多い状況でしたから多少他馬の影響はあったかもしれませんが、基本的には単走で自分のペースで動かしてもらったところ、感触は良かったですし、問題なかったということでした。今週でも大丈夫だと思うということでしたし、それならばということで今週臨むことにします。これまでは上位争いをしていましたし、芝のレースに専念してきました。もちろん今でも芝はダメとは思っていませんが、ちょっと決め手を欠くと言いますか、いい脚は使えるのだけれど勝ち切れていないというのがこれまでの流れだと思います。お父さんを思ってもそうですし、走りからもいつかは試していいだろうと温存してきたダート戦を今回考えてみることにしました。もう6月になり、ゆったりとしていられない状況でもありますからね。複数鞍ある中で色々と見ていましたが、結果、日曜日の4レースへ向かうことにしました。久々の影響も多少あるかもしれませんが、ここは何とか勝利をもぎ取ってきてほしいです」(菊川師)21日の函館競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に三浦騎手で出走いたします



グリューヴァイン

6/16  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に乗り込んでいます。もう馬体はできていますし、やりすぎるとテンションが高くなりがちなタイプですから、あまり速い時計は出さずに進めています。牧田師とは、中京開催を目標にあと1、2週のうちには帰厩させる話をしていますし、そのつもりで進めていきます」(NFしがらき担当者)



ラフォンテロッソ

6/15  NF空港
馬体重:407kg 

現在は1000m周回ダートコースでハロン25秒のキャンター2500mの調整メニューを日々進めています。調教の動きに問題はありませんが、この中間も今後の成長を考えた上でじっくりと進めるようにしています。馬体重は安定していますので、更なる増加を目指して取り組んでいきたいと思いますし、将来の大きな飛躍を目指すためにも焦らず良くしていきたいと考えています。



レンベルガー

6/17  牧田厩舎
17日は栗東芝コースで追い切りました。「先週ゲート試験を合格してからも特に反動はなく、順調に乗り込みを続けられています。これならこのままデビューに向けて進めていけそうです。今朝はちょっと馬場が重めだったので、芝コースに入れて3頭併せで15-15強め程度の調教を行いました。ほぼ馬なりで、6ハロン85秒台、ラスト1ハロンは13秒6程度ですから、まだ脚慣らしという段階ですが、来週はビシッと強く追ってみようと思っています。予想以上にスッとゲート試験をパスしてくれたので、気持ちの面もイライラするようなこともありませんよ。来週の追い切りを見て、どのあたりで使っていくか考える予定です」(牧田師)


スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-