マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG 愛馬の近況

愛馬の近況

アイリッシュハープ

11/5  菊沢厩舎
4日は軽めの調整を行いました。5日は美浦南Wコースで追い切りました(85秒0-68秒9-54秒1-39秒9-13秒3)。「コンディションは良好で継続して調整を続けることができていますよ。追い切りは今朝行ったのですが、ウッドチップコースで2頭併せです。先行して後ろから来るパートナーと直線で体を並べて動かすという内容だったのですが、こちらのアクションにしっかりと応えてくれていたと思います。そのパートナーがそれなりに動く馬なので明らかな優勢の脚色というわけではなかったのですが、来られたからと言って怯んでいることはなかったですし、アイリッシュハープ自身に余裕も感じられたので悪くないと思っています。段々と仕上がりつつあるかなと思いますし、感触としては来週もしくは再来週あたりには行けるかなという気がしています。ダートの1700mというプランもありだと考えていますが、東京コースを走らせてみてもいいかもと思うところもありますから、来週の馬の仕上がり具合、そしてメンバー構成等をよく見つつ判断をしていきます」(菊沢師)


ラッシュアタック

11/5  菊川厩舎
4日は美浦南Wコースで追い切りました(80秒2-65秒6-51秒7-38秒4-12秒8)。5日は軽めの調整を行いました。「帰ってきて少し経ちますが、まだいくらか立派かなという体つきではありますけれど、だからと言って絞ろう絞ろうとやり込みすぎると却ってダメージを蓄積させることになりますし、健康体でトレーニングしていかないと意味もないですから、焦らず地道に乗り込んでいます。段々と引き締まりつつありますが、今週明けの段階ではまだいくらか立派かなとも映りました。可能ならば福島で使いたいなと思っていたので、来週を本線にして調整を進めていますし、今週は1週前となりますから意識を持ってそれなりの負荷をかけることにしたんです。長めからスタートして終い重点でじわっと動かしていますが、動きはまずまずですかね。上がってきた様子ではまだ幾分立派に感じましたけれど、このひと追いでまた一つ締まりが出てフィットしてくるはずです。来週勝浦ジョッキーをおさえましたし、いい状態で送り出せるよう引き続き乗り込んでいきます」(菊川師)15日の福島競馬(3歳上500万下・芝1800m)に勝浦騎手で出走を予定していますが、状況次第では14日の福島競馬(高湯温泉特別・芝2000m)への特別登録も検討しています。



グリューヴァイン

11/3  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週の水曜日にこちらへ到着しており、今はトレッドミルで軽く動かしているところです。馬体の傷みやレースを使ったことによる大きな疲れなどはありませんが、もともとテンションの上がりやすい馬でもありますし、競馬では精神的な部分が影響した可能性もありますから、まずはしっかりとリフレッシュさせてから次のステップへと進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

10/28  NFしがらき
28日にNFしがらきへ放牧に出ました。「道中は好位をうまく立ち回っているように見えたのですが、直線は伸びるどころか全然脚を使う場面がありませんでした。時計が速かったこともあるのかもしれませんが、前走、そして今回と馬込みの中で競馬をしているので、もしかすると気持ちの面で嫌気が差してしまったのかもしれません。レース後は馬体に大きな傷みこそありませんが、こういう負け方をしてしまった後でもありますし、優先権を取ることもできませんでしたから、ここで一度放牧に出してリフレッシュさせてあげたいと思います」(牧田師)

10/25  牧田厩舎
25日の京都競馬ではまずまずのスタートから道中は好位を追走する。勝負どころから鞍上の手が動き出し、直線に入るともう余力がなく12着。「返し馬から少しうるさかったのですが、ゲートの中ではわりと落ち着いていましたし、スタートもよく出てくれました。ただ、道中はうまく運ぶことができているなと思ったものの、勝負どころではもう手応えが怪しくなり、直線では脚が残っていませんでした。う~ん、どうしてしまったのでしょうか。こんな馬ではないと思うのですが…。申し訳ありません」(戸崎騎手)「テンションが高いのは相変わらずといった感じでしたが、伸び切れなかったのはちょっと時計が速かったことが影響しているのかもしれませんね。あまり詰めて使っていっていいタイプの馬ではありませんし、この後はひと息入れてあげようと思います」(牧田師)前回と比べてもスタートはまずまず出てくれましたが、道中で揉まれ込むような展開も影響したのか、直線では伸びが見られませんでした。少し脆い部分もありますが、自分のペースで競馬ができればこのクラスで上位を争うことができる馬ですし、また今後の巻き返しに期待したいところです。この後はトレセンに戻って馬体を確認し、一度放牧に出してリフレッシュさせる予定です。



ランフォテロッソ


11/4  NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「本州移動へ向けて更に強めの負荷をかけたのですが、少し堪える面を見せてしまいました。そうした状況でもありましたので、この中間はリフレッシュ期間を設けています。ここを乗り越えることができれば具体的な移動日について考えたいと思っていましたので、一旦仕切り直す必要がありそうです。疲れが抜け次第、元のペースに戻していきますが、更に中身を固めるイメージで進めていければと考えています」(空港担当者)



レンベルガー

11/3  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「ここまで緩めることなく普通キャンター程度のところををずっと乗り込んできていますが、特に疲れた様子もなく落ち着いて調教に取り組んでくれていますし、この中間から終い15秒近いところも交えて調教を行っています。しっかりと動くことができていますし、体調も問題ないのでこのままペースを上げていきたいですね」(NFしがらき担当者)



カドリーユの14
11/6  NF空港
6日にNFイヤリングからNF空港へ移動しました。

10/30  NFイヤリング
馬体重:449kg 
現在はNF空港への移動に備えて夜間放牧を行っています。5月生まれでここまでは同期と比べると成長面で遅れを取っていた感がありますが、夏を越えたことで体の芯がしっかりして幅も出てきました。背馴らしなどの初期馴致も順調に進んでおり、厩舎の廊下で大人しく人を乗せることができています。この様子であれば空港牧場へ移動後もすぐに調教が開始できるのではと考えています。



インパクトゲームの14

10/30  NF空港
馬体重:402kg 
NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は鞍を付けてのウォーキングマシン運動を中心とした初期馴致を行っています。ツアー当初はまだ幼さが垣間見えましたが、ここ1ヵ月で幅が出てきたようでより競走馬らしい体付きになってきました。馴致はスムーズにこなしており、人に迷惑をかけることもないので、馬に合わせたペースで進めることができています。非常に女の子らしい馬で空港牧場へ行くまでは心置きなく青草を食べてもらえましたので、これからは立派な競走馬となるべくその道を歩んでいってほしいものです。



マルティンスタークの14

10/30  NF空港
馬体重:464kg 
初期の馴致を終えて乗り出しを開始しました。現在は周回ダートコースでキャンター調整を行っています。父の産駒らしく性格面は強く、敏感なところがあり、気に入らないことがあれば反射的に鋭い蹴りが飛んでくることもあります。馬体を大きく見せていることは好印象で、動きも大きく力強そうですので、それを走りに直結できるように今後は精神的な成長を見ながら馬体、体力の下地をじっくり作っていきたいと思います。

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-