マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG 愛馬の近況

愛馬の近況

アイリッシュハーフ

12/17  山元TC
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「こちらへ到着後、筋肉痛の症状が出てきていたので、軽めの運動で対応しています。体は470キロでしたが、現在はだいぶ戻ってきて482キロです。今後は状態を見た上で進めていこうと考えていますし、良くできるように取り組んでいければと思います」(山元担当者)



ラッシュアタック

12/17  NF天栄
17日にNF天栄へ放牧に出ました。

12/16  菊川厩舎
16日は軽めの調整を行いました。「先週は果敢な逃げで見ている僕もちょっとビックリしたくらいでした。ロスなく前々で運べたという点では悪くなかったと思いますが、タフな馬場状態でしたから、さすがにちょっと最後は止まってしまいましたね。こなせない距離ではないとは思いますけれど、ベストとは言えないのかなと改めて思います。権利を獲って来てくれていれば狙い通りに使いやすくなるので続戦も考えたのですが、権利獲りが叶いませんでしたし、今回は出走間隔を空けること、そしてここ2戦の疲れを癒すために一度放牧に出した方がいいだろうと考えているところです」(菊川師)

12/12  菊川厩舎
12日の中京競馬では好スタートを切りまわりの出方と枠の兼ね合いもありそのまま先頭に立つ競馬。淡々と進み、直線で追われるが脚色が鈍り踏ん張れず13着。「ゲートで後ろにもたれかかるようなところがあるのですが、うまくタイミングを合わせて良いスタートを切ることができました。先生からは“スタートを出られれば前目の位置から進めてほしい”と言われていましたし、三浦先輩に聞いても“切れるというタイプではないよ”というアドバイスをもらっていたんです。それなので、スタートを切れた時点で前々から行きたいと思っていて、主張していくという感じではないですが無理なくハナに立つ競馬をしました。勝負どころのコーナーでは馬場状態が緩くなっているのですが、そこで物凄くリズムを悪くするということはなかったんです。直線で追い出しても良いフットワークで走れていましたし、良い馬だなと感じるのですが、直線半ばで止まってしまったんです。息も荒かったですし、今日はタフな馬場にスタミナを消耗させてしまって最後は一杯になった感じです。状況如何ではこなすことができる可能性もあるかと思いますが、イメージ的には1800m前後くらいがやはりいちばん気を遣わずにしっかりと走れる条件なのかもしれません」(伴騎手)距離は若干長いかとは思いましたが、体調の良さとロスの少ない競馬でこなせないかと考えていました。タイミングが合って好発を決め、ラチ沿いを走ることができましたが、タフな馬場コンディションになったことも結果的には厳しく、最終的にはスタミナが切れてしまったようです。競馬の仕方次第ではもう少し違った結果も出せたのかもしれないとは思えるだけに決めつけることはしたくありませんが、もう少しこの馬に合いそうな条件で走ることができれば巻き返しも可能になるはずです。使いながら状態が上がってくるのならば使っていきたいところですが、出馬状況の兼ね合いも出てくるでしょうし、今後は様子を見ながら相談していければと考えています。



グリューヴァイン

12/16  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間もコンスタントに15-15を取り入れてしっかりと乗り込んでいます。移動時期の相談をしているところですが、今からだと競馬は年明けになりますし、年内の検疫は限られてきますので、番組を見ながらどのあたりで戻すのがベストか厩舎サイドとよく検討していきます」(NFしがらき担当者)



ランフォテロッソ

12/16  矢野厩舎
16日に美浦トレセン・矢野英一厩舎へ入厩しました。「いったんは秋の半ばごろに連れてくる予定を立てていたのですが、北海道での調教の負荷を高めた際にカイバを食べられなくなって体が細くなってしまったということで、そのプランはいったん白紙になりました。その後は体調を整えて本州へ動かして改めて様子を見てもらっていたのですが、輸送で再び体が減ってしまったとのことでした。なかなか思うように進めていけず、軌道に乗せていくには結構な時間がかかってしまいそうな状況であったことから天栄のスタッフさんと話をした結果、馬には頑張ってもらってゲートだけでもトライしていこうということになりました。それで水曜日の検疫を確保して今日入れさせていただいていますよ。天栄からの輸送でももしかしたら堪えてしまうかもしれませんし、数日は慣らすことから始めて少しずつ動かしていきたいと思っています。よろしくお願いいたします」(矢野師)

12/15  NF天栄
周回コースでキャンター調整を行っています。「ある程度、体の回復が見られるようになってきました。それに伴い馬場を使いながらそれなりの距離をじっくりと乗るようにしています。ただし、現状はまだベースがしっかりとし切れていないですし、体つきを見てもやや幼児体型で、本当にいいと言える状態に持っていくまでには結構な時間がかかってしまいそうです。通常ならそこまでお時間をいただきたいところなのですが、ゲートだけでもこなしてくれたらまた一つ前進させられますし、その経験で成長も促せるのではないかとな考えています。そのことを含めて矢野調教師と相談をした結果、ゲートだけでもトライしてみようということになりました。もしかしたら体力的に苦しくて合格まで行けないということになるかもしれませんが、それでもこの馬にとってその経験がプラスになってくると思いますし、何とか今後へ向けて進めていきたいですね」(天栄担当者)



レンベルガー

12/16  牧田厩舎
16日は軽めの調整を行いました。「1週前の段階で少しおとなしかったので、しっかりと追って調教で気合いを入れたのですが、結果的にはレース当日にテンションが高くなってしまいました。ただ、決してスムーズとは言えない展開の中、勝った馬は別として最後まで頑張って走ってくれていましたから、あの内容ならすぐにチャンスは来ると思います。体重が少し減っていたのですが、レース後は特に大きく疲れた様子もなく、今朝も坂路で普通キャンター程度のところをサッと乗ることができています。調教師からはこのまま在厩で年明けの競馬を使っていくと聞いていますし、今度は勝ち切れるようにしたいですね」(宇田助手)

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-