マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG 愛馬の近況

愛馬の近況

アイリッシュハープ

3/2  菊沢厩舎
2日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒8-52秒6-38秒6-13秒0)。「先週の追い切りは坂路で行ったのですが、その後の様子は悪くなかったので週末にウッドチップコースに入れて感触を確かめてみました。前走時にも見せていましたが、いくらか右への偏りがあったものですから、そのあたりを考慮して今朝の追い切りでは右側だけのブリンカーを着けてみたんです。朝ひと組目の時間帯でウッドチップコースに入り追い切りました。ちょうど目の前にマリアライトがいたので、目標にしながらじんわりと動かしてみたところ、アンバランスさはそこまで感じさせなかったですね。片ブリンカーの効果もありそうです。前回カツハルも右回りを試してみてもいいのではと言っていましたし、来週の中山に1200mの牝馬限定戦という丁度いい番組があります。仕上がり具合も悪くないので、そこを本線に考えてみようと思います」(菊沢師)今のところ13日の中山競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1200m)に出走を予定しています。



ラッシュアタック

3/2  菊川厩舎
2日は美浦南Dコースで追い切りました(66秒8-51秒8-38秒5-13秒5)。「時計を出すのは基本的に週1回にして、あとはじっくり動かしながら馬体のケアを行うようにしています。予定は延びましたけれど、その分だけ乗り込みを重ねることはできましたし、トモのケアも時間をかけてしっかりと行えたと思っています。やりすぎて堪えさせてしまっては元も子もないので、オーバーワークには気をつけるようにしていますが、今朝もダートコースで動かしたところ、本当に無理をさせていなくても楽に時計を出してくるんですよね。数字だけ見ると心配される方もいるかもしれませんが、そのあたりはしっかり意識したうえでやっているので、大丈夫なはずです。トモの具合も一時よりはいいと感じますし、態勢は整えられたかなと思います。このまま無事に競馬へ向かえればいいですね。距離はもしかするとひとハロンくらい長いのかもしれませんが、結果を出している距離でもありますから、何とかいい方へ出てほしいですね」(菊川師)6日の中山競馬(4歳上500万下・芝2000m)に三浦騎手で出走を予定しています。



グリューヴァイン
 牧田厩舎
2日は栗東坂路で追い切りました(55秒0-39秒4-25秒3-12秒1)。「中京の開幕週から使っていくつもりで先週末に帰厩させました。この馬の場合、調教はやればやっただけ動きますから、どれだけテンションを上げないかがポイント。今朝も前半できるだけ抑えて、終いの反応だけ見るような内容でしたが、相変わらずいい動きでした。長い休養ではなかったので体つきも変わりありませんし、このままコンディションを整えていければと思います」(牧田師)12日の中京競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1200m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています。



ラフォンテロッソ

3/1  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「最初は馬体の回復を優先した調整を行っていましたが、まずまずな状態にはあるので現在は乗りをメインにしています。あまりガリガリやりすぎても良くないので、坂路に入る際は15-15に行くか行かないかくらいでじんわりと乗るようにしています。イメージ的には4月くらいかなという気もしなくはないですが、もう少し動かしていってある程度の目標を定めていければと考えています」(天栄担当者)



レンベルガー

3/2  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「坂路入りしてからも患部の状態は安定しており、この中間もハロン17~18秒のペースで順調に乗り込むことができています。一気にペースアップしてしまうと今度は反動が心配ですし、状態をしっかりと見極めながら進めていきたいと思います。体調なども問題ありませんよ」(NFしがらき担当者)



コーブルク

2/29  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン18~20秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。坂路調教を再開した後はスムーズに対応してくれています。バランスのいい走りを見せており、背中には柔軟な伸縮性が感じられます。普段の落ち着きをもって騎乗調教に向かえるようになれば、もっと体を使えるようになるはずなので、その点を教え込んでいくことで良化につなげていければと考えています。



ゴレアーダ

2/29  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで1本登坂しています。小柄なわりにストライドは大きく、ハロン17秒ペースでも無理なく動けています。普段は大人しいのですが、騎乗時には前向きな部分を覗かせていますので、オンオフの切り替えを上手く教えていければと思います。



マルムーティエ

バックナンバーはこちら
2/29  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16~20秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。馬房の中で無駄に暴れることはありませんが、一旦テンションが上がると鋭い動きを見せています。ここまでの過程からも早期始動が意識できそうな馬ですし、今後もこの調子で無理のないよう進めていければと思います。

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-