マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG キャロット愛馬近況

キャロット愛馬近況

アイリッシュハープ

4/13  菊沢厩舎
13日は美浦坂路で追い切りました(54秒3-39秒8-26秒4-13秒3)。「先週半ばの追い切りに続いて週末にもじっくりと14-14くらいをベースにして動かし、適度な負荷をかけてきていますよ。体のバランスは変わらず良くて、フレッシュさも感じられます。今朝は坂路を使って半マイルでじわっと動かしました。時計的には54秒ほどの全体時計で、終いを少し強めに動かすようにしましたが、動き自体はまずまずでした。変わらず良い印象を持っていますよ。仕上がりに関してもまずまずかなと思いますが、あとは競馬を今週にするか来週にするかですね。回りに関しては右のほうがベターかもしれませんが、体のバランスが解消されつつあることと、馬具によってフォローできますから右回りでないと絶対ダメと決めつけるほどではありません。相手関係を見つつ今週か来週の福島を本線に、場合によって本場も含めて考えるという形になると思いますが、一番気になるのは馬場コンディションなんですよね。前回のように短距離で時計が速くなりすぎるのは、できる限り避けられればと思っています。そのような中で今週末の天気が微妙で雨が降るかもしれませんし、今週か来週か判断するのにギリギリまでお時間をいただければと思います」(菊沢師)



ラッシュアタック

4/13  NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「軽めの運動に終始することで、蹄の回復を促せるように努めています。こちらも徐々に暖かくなってきているのは蹄にとっては何よりと考えていますが、今後も回復を第一に日々のメニューを慎重に進めていこうと思います」(空港担当者)



グリューヴァイン

4/13  NFしがらき
13日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は惜しい内容でしたが、たとえ優先出走権を確保しても無理せず短期放牧を挟んであげるのがいいというのはよく分かりました。今回も2週間ほどリフレッシュさせ、いい精神状態でレースに臨めるようにしていきたいと思います」(牧田師)



ラフォンテロッソ

4/13  矢野厩舎
13日は美浦南Pコースで追い切りました(55秒0-40秒0-12秒4)。「数字ばかりを気にしていても仕方がないのですが、先週なかなかカイバを食べることができず、馬体重を量ると380キロ台になり、このままだとさらに減ってしまいそうな状況でした。それで先週いっぱいは強い追い切りを控えたところ、ようやくカイバを食べるようになってきました。それでも、バリバリ食べるというほどではなく、他の馬に比べると物足りなさはありますが、この馬としてはいい傾向にあるので今朝は時計を出すことにしたんです。気は良いのでポリトラックコースで終い重点で動かしたところ、淡々と走り、終いもそれなりに伸びていましたから悪くないかなと思います。何とかこのまま上げていければと思っていますが、やりすぎてしまうとまた堪えてしまいかねないので、週末と来週の様子と動きに問題がなければ、最短で来週あたりの競馬も視野に入れていこうかと思っています」(矢野師)状況次第で変更になる可能性もありますが、早ければ23日の東京競馬(3歳未勝利・芝1400m)に出走を予定しています。



レンベルガー

4/12  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路では15-15に近いところを取り入れてしっかりと乗り込んでいますが、ここに来てだいぶ動きに良化が見られますね。厩舎サイドからは早ければ今週中の移動予定だと聞いていますが、今のところはいい状態で送り出すことができそうな雰囲気ですよ」(NFしがらき担当者)
4/14  牧田厩舎
13日に栗東トレセンへ帰厩しました。14日は軽めの調整を行いました。「昨日、無事に帰厩しています。今日から軽く動かしていますが、牧場で時間をかけてしっかりと調整してもらっていたおかげで、トモの状態も特に問題ありません。週末から少しずつ時計を出していってから具体的な番組を決めていきたいと思いますが、今のところは新潟開催を目標にするつもりです」(牧田師)



コーブルク

4/15  NF空港
馬体重:491kg 
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。人の指示に対して素直な反応を示しており、調教自体は進めやすい馬です。元々馬格があり、綺麗なフォルムを誇るだけに、しっかりとした筋肉が付いてくれば自ずと走りはいい方に向いてくるものと見ています。



ゴレアーダ

4/15  NF空港
馬体重:420kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで2本登坂しています。前向きな面に変化こそありませんが、我慢はできており、以前よりも体を柔らかく使うことができるようになってきています。まだトモを中心に緩さを感じさせますが、それでも確かな良化は窺え、キャンターなどはこの馬なりにしっかりとしたものになってきました。



マルムーティエ

4/15  NF空港
馬体重:492kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~19秒のキャンターで2本登坂しています。初めてハロン15秒を計時した時には多少堪えた様子を見せていましたが、慣れもあってかここ最近はカイバ食いが落ちることはありません。しばらくは現在のペースで負荷をかけ、体力が付いてきたと思えた段階で本数を増やすなどペースアップを検討していければと思います。


スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-