マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG 愛馬の近況

愛馬の近況

ラッシュアタック

6/30  NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間も蹄の状態を見ながらウォーキングマシンでじっくり負荷をかけています。早ければ7月中にもトレッドミルを開始していければ理想的と考えていますので、それに向けて焦らず対応していこうと思います」(空港担当者)



グリューヴァイン

6/30  牧田厩舎
29日に栗東トレセンへ帰厩しました。30日は軽めの調整を行いました。「昨日、無事に帰厩しています。しっかりとリフレッシュしていい状態で戻ってきてくれています。今日から軽く動かしていますが、今のところは大きくテンションが上がるようなこともなく、この馬なりに落ち着いていますよ。調教師からは中京3週目を目標にしていると聞いており、これから徐々にピッチを上げて仕上げていきたいですね」(宇田助手)7月17日の中京競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)もしくは同日の中京競馬(3歳上500万下・ダ1200m)に出走を予定しています。

6/28  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は15-15を週2回のペースで乗り込んでいるのですが、まったく堪えるようなこともありませんし、サラーッと楽な感じで坂路を駆け上がってくれていますね。早ければ今週中の移動だと聞いていますが、疲れも感じられずいい状態で送り出すことができると思います」(NFしがらき担当者)



ラフォンテロッソ

6/30  矢野厩舎
7月2日の福島競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1200m)は非当選除外となりました。この後は来週以降の競馬を視野に調整を進めて行きます。

6/29  矢野厩舎
29日は美浦南Pコースで追い切りました(56秒3-41秒5-12秒9)。「先週はビシッと追い切ろうと考えて3頭併せでしっかりと動かしましたが、その分だけ体はやはり減ってしまいましたね。計測したところ388キロまで減っていましたが、それを恐れてサラッとだけしかやれなかったら前回と同じことになってしまうので、そのあたりは目をつぶるしかありません。ただし、カイバは徐々に食べられるようになってきていますし、たとえ体が減ったとしても少しでも力をつけられれば違ってきてくれるはずです。それを信じて調整にあたっています。今週はさすがに競馬で輸送も入りますから考慮した追い切り内容にしました。ポリトラックで半マイルをじわっと動かしたところ、馬なりで走れていてまずまずの動き。以前よりもハミに対する前向きさも感じられます。今日の感じならばレースへ向かうこと自体問題ないかなと思いますので、このあとガクッと来なければ行こうと思います。減量の利点はやはり欲しいところなので、初戦で乗せていただいた初也で行かせてください」(矢野師)7月2日の福島競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1200m)に木幡初騎手で出走を予定しています。



レンベルガー
29日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は馬場の悪化が思った以上に堪えたようで、残念な結果になってしまいました。申し訳ありません。力を出し切れていない分、疲れた様子は見られませんが、間隔を空ける必要がありますし、お伝えしているとおり一度放牧に出させていただくことにします。小倉開催の前半には使っていきたいと考えています」(牧田師)

6/25  牧田厩舎
25日の阪神競馬ではまずまずのスタートから道中は好位で脚を溜めて行くが、直線では脚を使うことができずに15着。「スタートも速かったのである程度のポジションにつけていったのですが、その影響なのか道中はなかなか息が入らず苦しい流れになりました。今日のような重たい馬場も堪えたようで直線では早々にバテてしまいましたね。もっと後ろから行かせた方が馬はリラックスして走れるのかもしれません。いい結果を出せずに申し訳ありませんでした」(ルメール騎手)「道中はいい位置を追走して直線に向かうあたりも手応え良く来ているなと思っていたのですが、体の小さいこの馬には重たい馬場も堪えていたのでしょう。まったく伸びが見られませんでした。それにジョッキーも言っていましたが、あまり出してポジションを取りに行くよりは、もう少し後ろで脚を溜めた方がいいのかもしれません。この後については優先権を逃してしまったこともありますので、一度放牧に出させていただき、出馬状況を見ながら復帰させる時期を検討していきます。力のある馬なのになかなか結果を出すことができずに申し訳ありません」(牧田師)好位をうまく追走しているように見えたのですが、今日は雨で重たくなった馬場も影響してまったく脚を使うことができませんでした。ただ、敗因はハッキリとしていますし、次こそは勝ち上がりを期待したいところです。この後はトレセンに戻って馬体を確認し、いったん放牧に出す予定です。
>



コーブルク

6/30  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。以前は調教時に力が入りすぎてしまう傾向にありましたが、ここ最近はだいぶリラックスして乗り込みを行えるようになりました。能力は十分にある馬と感じていますので、今後も良い具合に力を抜いて走れるように教え込んでいければと思います。



ゴレアーダ

6/30  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本登坂しています。ハロン15秒台を始めた後も動きは上々ですし、カイバ食いもいい意味で変わりありません。とは言え、元々カイバをバリバリと食べる方ではありませんし、今後も細心の注意を払うことはもちろん、場合によってはリフレッシュを適宜挟みながら進めていければと思います。



マルムーティエ
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、周回コースと坂路で乗り込みを続けているのですが、ハロン17秒程度の普通キャンターに留めても午後になるとガタッと疲れが来るような日もあるんです。まだこれから徐々に良くなってくるという時期でもありますし、ここは無理をさせずにジワリジワリと進めて様子を見ていきたいと思います。馬体重は495キロです」(NFしがらき担当者)
>

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-