マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG 2月19日5R愛馬コーブルク※画像

2月19日5R愛馬コーブルク※画像

デビュー戦だった愛馬コーブルク4着でした

2/19  勢司厩舎
19日の東京競馬ではゆったりとしたスタートで後方から進める。急かさずに直線へ向き仕掛けるとよく伸びてきて4着。「ちょっと気持ちの面で幼いところがあって、周りを見たり、耳をキョロキョロさせたりしていましたね。また全体的に馬体に緩さがあったので、正直、ゲートは速くはないだろうなと考えていました。実際にゆっくりなスタートではありましたが、ゲートを出てからは極端な癖を見せるようなことなく追走できて、勝負どころでの手応えも悪くなかったんです。さすがに外を回るとキツイと思って内を突きましたが、まだ緩さがあるのでコーナーで加速するとバラバラになりそうには感じたので、直線で真っ直ぐ前を向いてから追い出しました。そしたらギュッと加速してかなりいい脚を使ってくれましたよ。気性面に関しては悪さをする程ではなく我慢できていましたし、この精神面を保ちながら体もしっかりとしてくれれば、さらにいい走りをできるようになるはずです。今日は一番いい結果を出せず申し訳ありませんでした」(石橋騎手)「まずはデビューをさせてあげたいという思いでいましたし、無事にここまでたどり着いてくれたことが何よりでした。現状未完成なので、今回のレースへ向かうにあたって心配だったのは自分の体力以上に走り過ぎてしまうことでした。真面目な性格なのでその可能性がありました。体はまだ緩いし、蹄のケアが必要な馬ですからね。まずは無事に、そして今後につながる走りをして欲しいと思っていたんです。ジョッキーには、スタートはそれほど速いほうではないので急かさないで終いをしっかり走らせるという形を教えて欲しいということを伝えていました。実際そのような形のレースになりましたが、直線は大きなフットワークでよく伸びてきています。稽古にプラスしてまた良さを見せてくれましたし、やはり実戦タイプなのかなという気がしました。もちろん、そのような中でも課題はありますし、これからだと思います。初入厩からここまで時間を使わせていただいてデビューまで来ましたから、ここはひと息入れるべきかなと考えてはいますが、まずはレース後の様子をしっかりと確認してからまた相談させてください」(勢司師)体質的な弱さもあり、また除外もあってようやくここでデビューとなりました。コンディションは良かったのですが、心身ともに未完成でまだ芯が固まりきれていない状況でもありましたから、まずはどれだけやれるのかと考えていました。実際、ところどころで若さが見られましたけれど、それでいて最後の伸び脚には見どころがありました。しっかりしてくるには時間が必要でしょうが、成長してくれば楽しみを持てるのではないでしょうか。今後についてはこれより様子を見てからになりますが、基本的にはレース後のケアに時間をあてる方向で検討しています。



パドック
コーブルク2月19日 (1)
コーブルク2月19日 (2)
コーブルク2月19日 (3)
返し馬
コーブルク2月19日 (4)
レース直線
コーブルク2月19日 (5)
コーブルク2月19日 (6)

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-