マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG 愛馬の近況

愛馬の近況

ラッシュアタック

5/16  NF天栄
トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。「脚元の状態をよく観察していたところ蹄に蟻洞の症状が見られました。以前あったのとは反対の脚で今回は右前脚の蹄です。ただし、今の状況から再度長期休養というわけにもいかないでしょうし、複数人の獣医師と相談をして今回は治療をしながら競馬へ向けて調整をしていく方法を採る方針です。気にしてしまう可能性もゼロではないのですが、今は無理をしない程度に乗るようにしていて、日によっては15-15くらいのペースで動かしています」(天栄担当者)



グリューヴァイン

5/16  NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「引き続き、周回コースと角馬場でのフラットワークを中心に調整を行っています。まだ速い時計を出していく必要はありませんし、この中間もとにかくテンションを上げないよう注意して進めています。この馬なりに落ち着いて動くことができていますから、今後も余分な力を入れずリラックスして走れるようにしていきたいですね」(NFしがらき担当者)



コーブルク

5/17  勢司厩舎
17日は美浦坂路で追い切りました(56秒8-41秒7-27秒4-13秒3)。「こちらに帰ってきてから、まずまずの雰囲気の中で調整をスタートさせることができていたので、その流れを継続させるように今朝は坂路での追い切りに臨みました。無理のない程度に動かしたのですが、左へとササる走りを見せていたんです。これまでも多少の偏りはあったものの、そこまでではなかったので用心して見ていかなければと思っていたのですが、追い切り後の上がりの歩様があまり良くないんですよね…。おそらくではありますが、以前気にした蹄から来ている可能性も考えられます。実際のところ蹄自体は立っており、蹄しょうを馬が極端に気にするような状態ではないのですが、それでもフォローしていかないといけないのかもしれません。普通の感覚ではなく、この馬は特別というくらいの考えで接していかないといけない状況なので、この後も慎重に対処し、可能な限り進めて競馬へ向かっていこうと考えています」(勢司師)



ゴレアーダ

5/18  NFしがらき
18日にNFしがらきへ放牧に出ました。

5/17  中尾厩舎
17日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、4コーナーまではいい形で運べていたのですが、最後は余力がなくなってしまった感じでした。通用するスピードはあるものの、もう少し力をつけていかなくてはならないのかもしれません。芝の短めの距離は合うと思いますが、そうなると少し間隔を空ける必要もありますし、リフレッシュを兼ねて短期でも放牧に出して調整したいと思います」(中尾師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。



マルムーティエ

5/16  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、この中間も坂路ではハロン17秒程度の普通キャンターペースで動かしています。今朝は併せ馬を行ったのですが、いい行きっぷりで走れていましたし、なかなか力強い動きを見せてくれていました。まだ全体的に良化の余地は残しているものの、ここまでは予定どおりのメニューをこなすことができていますので、しっかりと負荷をかけつつ良化を促していければと思います」(NFしがらき担当者)



ショーンガウアー

5/15  NF空港
馬体重:489kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。脚元、体調、そしてカイバ食いは高い次元で良好な状態を維持できています。今しばらくは現状のペースで更に乗り込みつつ、次のステップに進んだ時に問題なく進めていけるようにしていければと思います。

スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-