マルティンスターク
2009 Dubai World Cup 馬好きBLOG 愛馬の近況

愛馬の近況

ラッシュアタック

6/6  NF天栄
トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「地道にじっくりと乗り込んでいます。今のところ蹄を気にする素振りはなく、調整を進められていますし、この馬としては順調と言えるでしょう。菊川師とはこのまま順調に行けば夏の福島開催あたりを目指していきましょうという話をしています。馬体重は517キロです」(天栄担当者)



グリューヴァイン

6/7  NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「馬体はだいぶふっくらして余裕がでてきましたが、速めの時計を出すとサッと仕上がってしまうタイプでもあるので、この中間も意識的に軽めの調教を心がけています。トレッドミルでのキャンターと角馬場、周回コースでの騎乗調教を併用して運動量はしっかりとキープしていますので、乗りながら気負わずに走れるよう心がけて進めていきます」(NFしがらき担当者)



コーブルク

6/8  勢司厩舎
7日は美浦坂路で追い切りました(54秒7-40秒1-26秒4-12秒8)。8日は軽めの調整を行いました。「負担のかかりやすい蹄は念のためレントゲンを撮るなどして確認していますが、正直なところ他馬と比べても蹄底が薄い感じはないですし、見た目ではそこまで問題ないように思えます。それでも馬自身が気にしてしまうのですよね。その蹄以外にも、筋肉疲労が溜まることで硬くなりやすいところがあるなど、まだ全体的にしっかりとし切れていない感じがあります。総合的に見ると各部位のひとつひとつがどうこうと言うよりも、根本的な体質の改善、成長が必要なのかもしれません。そのような状況でもデビュー戦では掲示板に載ってくれたように、ポテンシャルは高い馬。ある程度、走る気持ちはある馬ですから、それに体が追い付いてくるのが理想ではあります。本当はコースなどでもう少し強めの本数を重ねることで下地を固めていきたい気持ちはありますが、現状でやり過ぎると堪えかねませんし、難しさもある中で強弱のバランスを上手く取りながら進めてきたつもりです。馬体には気持ち重めが残るかもしれませんが、何とか結果につなげていきたいですね」(勢司師)10日の東京競馬(3歳未勝利・芝2000m)に石橋騎手で出走いたします。



ゴレアーダ

6/7  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は周回コースと坂路での普通キャンターとトレッドミルを併用して、背腰に負担がかかりすぎないよう注意しつつしっかりとトレーニングを積んでいます。もう少し馬体には余裕が欲しいところなので、運動量はしっかりと確保した上であまり強い負荷はかけずにじっくりと進めていきます」(NFしがらき担当者)



マルムーティエ

6/7  高野厩舎
7日は軽めの調整を行いました。「スタートは問題なく出てくれたのですが、枠順もあって外々を回ることになってしまいましたし、直線は少し窮屈な場面もありました。状態は良かっただけにもっと内目の枠からスムーズに進めていれば違っていたでしょうから、次は巻き返したいところです。レース後は脚元など馬体に大きなダメージは見られませんでしたが、優先出走権のない状態では短い距離へすぐに使えないでしょうし、いったん放牧に出させていただきたいと思います。牧場での状態と出走状況を見ながら移動の時期を検討していきます」(高野師)近日中にNFしがらきへと放牧に出る予定です




スポンサーサイト

QRコード

QR
プロフィール

buru

Author:buru
※写真等の無断転載は禁じます。

09年度クラシック候補
牡馬編

牝馬編

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログリスト

競馬

JRA
重賞一覧
競馬研究 穴の池田率いる穴党OnLine
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
一口馬主

Powered by 一口馬主DB

競馬場の天気

天気予報

-天気予報コム- -FC2-